格安スマホに移行
スマホ



iPhone5を使い始めて丸2年経ち、とうとう更新月がやってまいりました。今後もauを使い続けるかどうか更新月中に考えなくてはいけません。この機を逃すとまた2年契約の枠に縛られることになります。

この機会にiPhone6にでもしてみようかと思いましたが、やはり自分的には携帯代に月8千円は高いと感じます。iPhone5は色々割引があったので月4千円ぐらいで済むということで選びました。

今後、月々の携帯代を安く済ませるにはどうすればいいか色々検討してみました。

まず、iPhone5はまだ使えるのでSIMロックを外して格安のSIM通信に乗り換えるということは出来ないかなと考えました。iPhone5はドコモとauならSIMロックを外せるようです。

SIMロック解除は日本の代理店を通じて海外の業者が行うようです。ただ、依頼したら確実にすぐ解除してもらえるわけではなく、半年ぐらい待たされるケースあるようです。更新月中に間に合わないリスクがあります。また、費用は3万円ぐらいかかるそうです。

あと、iPhone5の場合、3種類あるLTEの通信周波数の一つにしか対応してないようで、LTEサービスのみの格安SIMだと使えるエリアが狭まる可能性があるようなのです。さらに格安SIMは最新のiOSに対応していないようです。もうこうなるとiPhone5は諦めざるを得ません。

特にiPhoneにこだわっているわけではなく、安ければAndroidでも構いません。それで、前から興味があった月3千円ぐらいで済むというイオンの格安スマホに乗り換えてみようと思いました。

早速、イオンに行ってみたら店頭で取り扱っているのは4機種のみ。しかも、スマホ本体の代金の分割払いはイオンカードを持ってないと出来ないそうです。要するに、一括払いで購入ということになります。

でも、本体代を払ってしまえば月々の基本料は1,600円ぐらいで済むことになります。もう、ためらいません(^^;)。一括で払えるのは3万円ぐらいですね、5万は無理ということでKYOCERAのS301を選びました。





プロバイダーはBIGLOBEでプランは一番安い音声通信スタートプランを選びました。始めの2年は割引で月1,350円で使えるようです。その後は1,600円に戻るそうですがどの道安いですね。データ通信量は1GBですが、自分の場合100MBを超えたことは無かったようなので十分です。

S301は防水、防塵に加え、耐衝撃にも対応した安心設計とのことです。これならカバーとか無くてもいいかもしれません。





S301は5インチ画面。iPhone5と比べてみると画面がすごく大きく感じますね。持ちにくいかなと思っていたりしましたが、それほど違和感もなく大きい画面もいいかもしれません。

iPhoneも電話とキャリアメールが使えなくなっただけでWi-Fiでインターネットやアプリは今までと同じように使えます。iPhoneもAndroidも両方持っていればスマホ用アプリとか作ってみたい時に役立つと思いますね。

MNPで乗り換えるとき予約番号というのを契約会社から発行してもらうのですが2,800円ほどかかるようです。仕方ないのですね。これからは2年縛りや更新月も気にしなくて済みます。

スポンサーサイト
テーマ: パソコンな日々 ジャンル: コンピュータ
iOS 8.1.2
スマホ



iOS8.1.2がリリースされたということでiPhone5にインストールしてみました。ホント、頻繁なアップデートで。(^^;)




確実にロック画面からスライドして起動するときのもっさり感が無くなった気がする。あと、最近挙動がおかしくなっていたアプリが普通に起動するようになった?



テーマ: パソコンな日々 ジャンル: コンピュータ
iOS 8.1.1
スマホ



先日、iOS 8.1.1リリースのお知らせが着ていたのでiPhone5をアップデートすることにしました。





しかし、最近アップデートが頻繁な気がしますね。iOSが更新される度にWi-Fi通信が改善されると言われていました。よく利用するWi-Fiスポットで回線がよく途切れるのも改善されるかと期待していたのですが、結局は何も変わりませんでしたね。いかにiOSが改善しようと結局はWi-Fiスポット次第な気がします。


~インストール前~



~インストール後~



噂ではiOS8.1.1にアップデートすると空き容量が増えるらしいとか。確かにiOS8.1を入れた直後の時と比べてみると8.1.1を入れた直後の方が容量が若干増えていますね。私の場合、100MB程でしたが1GB以上増えたという報告もあるようです。

しかし、64GBのiPhone5を購入して一年以上経っても空き容量が全然減らないのに、さらに増えてしまった(笑)。

そうそう、来年から主要キャリアのSIMフリー化が義務化されるらしいですね。これまでは大手携帯電話会社で契約した携帯はSIMロックというものが掛けられ、その携帯には契約会社のSIMカード以外は使用できないようにされていました。それゆえ、携帯会社を替えようとすれば本体ごと買い換えなければいけなかった。

これは、PCでいえばプロバイダーを替えるごとにパソコンを買わなければならないというのと同じようなもので何か腑に落ちないものがありました。iPhone5の64GBの本体価格は$849。1ドル118円で計算すると10万円ぐらいにもなります(@o@;)。自分的にはスマホは2年ぐらいで買い換えるほど安い買い物とも思えません。

来年になればSIMカードだけ入れ替えればこのiPhone5を他社回線にしても使い続けることができる選択肢が生まれるということ。これはユーザーにとっては歓迎すべきことですね。iPhone5はまだ買い換えたいとは思わないけど格安回線には乗り換えたいと思っていたところです。

今のところ、SIMロックを解除するには業者に依頼するしかないようですが、来年になれば携帯会社がサポートしてくれるようになるかもしれませんね。

大画面で高性能なiPhone6も発売されましたが、ポケットに入れて持ち歩いて片手で操作できるモバイル性を優先するならこれぐらいの大きさでちょうどいい気もします。とりあえず、64GBの容量が勿体無い。
(^^;)


Wi-Fi 導入~トライアゲイン~
スマホ



4ヶ月ほど前、自宅でスマホのWi-Fi接続を可能にさせようとバッファロー社の『MLI-UC-GNM2T』というのを買って試したことはこのブログで書きました。確か初日はネットへの接続を確認したはずだったんですが、何故かそれ以降うまくいかなくなってしまいっていました。




PCとiPhoneの接続は確認できてもインターネットへのアクセスが出来ない?USB接続している時、MLI-UC-GNM2Tはまともに触られないぐらい熱くなるしそれが原因で壊れてしまったのか、そもそも設定が間違っているのか?

こんなに小さくてしかも高価でもないパーツを検品とか修理に出そうというのもためらいます。しかも、これの対応OSはWin7までで、使用するならPCの電源は入れておかないとなりません。

じつは、あんまり自宅でWi-Fi接続の必要性がないと思い使ってなかったのですが、どうやら確実に自宅でのWi-Fi環境構築は失敗になっていたようです。やはり、別なものを探した方が良さそうと思っていました。

スマホは無線でWi-Fi接続したいのですがPCは無線である必要がないので有線でという風にできないものかなと考えていました。そんな時、コジマネットから商品紹介メールで『NEC 無線LANポータブルルータ』というものの存在を知りました。

現在、自宅のネット回線はフレッツ光でNTTのLANポートが4つある光ブロードバンドルータを使っています。この無線LANポータブルーターがあれば、4つのLANポートの内3つはPC用に有線で使用して、残りの一つをWi-Fi用に使うことが出来るというわけです。

「これこそ、探していた物っぽい!」
と、さっそく購入してみました。




『NEC 無線LANポータブルルータ(11n/b/g 300Mbps・親機単体)AtermW300P/PA-W300P-B<ブラック>』。
お値段は税込みで2,210円。もちろん、Win8.1にも対応していますよ。(^^;)




中身を確認するとまず本体。幅5.5cmぐらいです。それにUSB電源ケーブルとETHERNETケーブル。本体には外部供給の電源が必要。PCからUSBで電源供給するか別売りのACアダプターを用意する必要があります。

私のメインPCはシャットダウン状態でもUSBには電源供給されるタイプなのでいいのですが、そうでない場合にはACアダプタが必要になるかもしれませんね。(PCを起こさないでスマホを使いたい時とか)




自宅でWi-Fi環境を構築したい場合はWANポートとLANポートを有線でつないで簡単な設定をすればいいみたいです。PCを公衆の無線LANに繋ぎたいときはWANポートは使用しないようです。こちらは少し設定がややこしそうですね。私にはこの使い方は必要ありませんので省略。





まず、USBでPCにつないで自己診断テストをさせるため30秒ほど待つ。スマホ側の設定は付属のQRコードを読み込むだけと簡単です。あとはルーターにETHERNETケーブルでつなげます。





Wi-Fi接続している証の扇マークが表示されています。接続成功のようです。





iPhone用の無料アプリのSPEEDTESTで通信速度を計測してみました。下りが13.77Mbps、上りが44.99Mbpsとのこと。下りより上りの方が3倍ぐらい速いんですね。スマホの通信速度の平均とかわからないんですけど十分でしょう。

これで、今度こそ自宅Wi-Fi環境構築成功したようです。





Wi-Fi 導入
スマホ



あまり、スマホを積極的に活用していない私には家中でWi-Fiを使う必要性を感じていませんでした。しかし、ラジオを聴くときスマホでネットラジオを利用するとすごく便利だと最近気が付きました。そうなると、やはり料金的にもWi-Fiを使った方が断然いいわけなので導入してみることにしました。

昨日、家電量販店に寄ってBUFFALO社の”MLI-UC-GNM2T”というものを購入してみました。iPhoneにも対応しているという。お値段は¥1,000也。




今日、早速使ってみようと思ったら一筋縄ではいきませんでした。その模様をレポートしたいと思います。




まず、この”MLI-UC-GNM2T”はWindows8には対応していませんでした。厳密に言えばWin8でもPCを単に無線化する子機としては使用可能だが、親機としてWi-Fi機器をネット接続させることは出来ないという。それでは意味が無いのです・・・

いや~、現在店頭に置いているものでWindows8に対応していないとか考えてもみませんでした。自分で物色するときはそういうことはちゃんとチェックするのですが、店員さんが「何かお探しですか?」とかすぐ言ってきたので焦っちゃって勧められたのをそのまま買ってしまったという。
f(^^;)

返品して他のものに交換してもらった方がいいのかとも考えましたが、セカンド・マシンのノートPCがWindows7なのでそちらで使ってみることにしました。

まず、インストールCDを使ってWin7マシンにドライバをインストールしておきます。




その後、指示の通りにUSBに”MLI-UC-GNM2T”を接続します。

あとは簡単にWi-Fi接続が出来るものだと思っていました。しかし、すんなりとはいきませんでした(汗)。なぜなら、説明書にiPhoneの接続方法が書かれていないのです。ちょっと、不親切すぎませんかねぇ?(^^;)

ネットで調べてみたらシステムの変更をいじったり思ったより面倒くさそう・・・とりあえず、本当に簡単に出来ないものか試みてみることに。




インストール完了後、タスクバーのアイコンからオプションを選択してWi-Fiの接続の設定をするわけです。




まず、SSIDを一番上の”WPA-PAK AES”を選択して接続を試みてみました。




iPhone5で確認するとネットワーク名は”y6xsbp7cf4s9k”と認識されています。ロックがかかっているのでパスワードを入力する必要があります。




パスワードとして「暗号キータイプ」の「事前共有キー」を入力します。






しかし、一瞬だけ接続されるもすぐアウトになり接続に失敗してしまいます。何度やってもうまくいきません。

一度、SSIDを「暗号なし」で試みてみたらパスワード無しで接続出来ました。しかし、暗号化無しでWi-Fiを使うのは抵抗があります。そこで他のSSIDを試していくことにしました。




SSIDの2番目の"WPA-PSK TKIP"を選択。パスとして事前共有キーを入力。





Wi-Fi接続が成功しました。ネットワーク名は”e1yfpcis75esj”。回線を示すマークもWi-Fi接続を表す扇型になっています。なるほど、"WPA-PSK TKIP"であれば面倒な設定しなくとも良いみたいです。





Win7マシンでも接続が確認出来ました。なにはともあれ、これでマイルームのWi-Fi化は成功しました。



イオンが格安スマホ
スマホ



イオンが4月から端末代と定額ネット接続、通話基本料込で月2980円のスマホを発売するらしいですね。しかも、2年間の契約期間中にやめても解約金はとらないとのこと。いつもTOPVALU(とくにビール^^;)でお世話になっているイオンですが通信業界でも価格破壊をやってしまうみたいですね。

いや~これ本当だったら是非乗り換えたいですね。私が現在使っているスマホはauのiPhone5ですが、使い始めた理由は乗り換え割等で月々の支払いが4千円程度で済むからでした。スマホは何だかんだ便利なのですけど月7千円というのはちょっと高過ぎると感じてしまいますね。

現在、私のauの契約では2年間過ぎると月に7千円ぐらいになってしまうのでそのときどうしょうと考えていたんですけど、イオンのスマホという嬉しい選択肢が現れました。また、イオンがそういうのを出すと他の通信会社も料金設定を下げてくる可能性が高くなりますね。

今auを解約すると違約金がかかってしまうので次の更新月に検討してみたいです。更新月をうっかり忘れると違約金がかかってしまったりするのですよね。私の場合は来年の9月が更新月、ここに忘れないために書いておきます。(^^;)



テーマ: パソコンな日々 ジャンル: コンピュータ
iOS 7.0.4 アップデート
スマホ



iPhoneの新OSのiOS 7.0.4がリリースされたのは去年の11月だったでしょうか。なんだか必然性も感じていなくインストールするのが億劫でまだ入れてませんでした。

いよいよ本日iPhone 5をアップデートしてみることにしました。





iOS 6.1.4のスタート画面。設定のところに一つ長らくアップデートされていない項目があります。






「ソフトウェアアップデート」の項目。iOS 7.0.4のサイズは1.2GBと大きので「このアップデートをダウンロードするにはWi-Fiネットワーク接続が必要です。」とのこと。

しかし、我が家にはWi-Fi環境がないのでiTunes経由でダウンロードすることにしました。





PCにUSB接続してiTunesを起ち上げるとさっそくOSの更新の催促が。信頼関係も出来ていないのにいきなり本名の下の名前を呼び捨てで催促されると何だか馴れ馴れしいなとか思ってしまうのは日本人の悪いところなのでしょうか?(^^;)





あと4分とかでてましたが結局20分近くかかってたと思います。1.2GB分だから仕方ないですが。

しかし、iTunesは窓の境界が分かり難くてついうっかり後ろの違うウィンドウをクリックしてしまうことが多々あるのは私だけ?(^^;)





キャリア設定の更新プログラムも更新すると自動的に再起動され少し待つ。





あれ、起ち上がったロック画面には何も表示されてない?いや、下に薄っすらと「slide to set up」の文字が。






スライドでロック解除をすると少々設定事項することとなります。入力すると作業終了です。






iOS 7.0.4、無事インストールが成功したようです。

これがiOS7.0.4のスタート画面。ボタンは2Dさが強調され少し大きくなったように見えます。なんだかソフトになった印象ですね。電波状況の表示も変わったようです。

ロック画面やスタート画面の壁紙のプリセットが増えたのとアニメーションも扱えるようになったのは良いことだと思いました。

あと、このOSからはスライダーというものが無くなって画面のどこでもスライドさせるとロック解除ができるようです。






スマホを購入してからもう半年ぐらい経ちましたが、我ながらあまり活用していませんね(汗)。PCとのデータのやり取りがiTunes経由というのがなんだか面倒で億劫というのが本音かもしれません。メモリ64GBのを購入したのですがこれなら16GBでも全然問題なかったかも。f(^^;)







テーマ: パソコンな日々 ジャンル: コンピュータ
docomo、iPhone参戦
スマホ



ついに、ドコモがiPhoneの取り扱いを正式に発表しましたね。私も先月、ドコモの解約する時に理由を聞かれ「iPhoneを使ってみたいので」と言っておきました。きっと、そういう人が続出していたのでしょうね。

ただ、私の場合はiPhoneだと料金がお得になるからと言うのが本当の理由でした。Androidが月々3,000円だということであれば間違いなくAndroidを選んでいたことでしょう。f(^^;)

今度のiPhoneの新製品はiPhone 5Sと廉価版の5C。iPhone 5に比べグラフィックの処理速度とカメラのオートフォーカスのスピードがそれぞれ2倍ぐらいになっているそう。あと、指紋認証でロックを解除出来たりするという。

まぁ、私的にはあと2年はiPhone 5で十分です(^^;)。スマホを持ってみた感想ですが、やはり何かと便利ですね。とくに、引越しの時必死で作りまくった自吸いの電子書籍が外出先で読めるのがいいです(その時の模様は「トランペット奮闘日記『断捨離』」にて)。画面の小ささは慣れてしまうと気になりませんね。

2020年のオリンピック開催地は東京に決まりましたし、めでたいことですな。このまま景気も上向きでいい方向へ向かってくれるといいですね。


テーマ: パソコンな日々 ジャンル: コンピュータ
iPhone 5
スマホ



とうとう、スマホ・デビューしてしまいました。機種はiPhone 5。
継続14年のDocomoを離れ、auに乗り換えました。

携帯など通話とメールがあればそれで十分、スマートフォンなんて自分には無縁とばかり思っていた私が何故スマホに乗り換えようと思ったのか書いてみたいと思います。

去年まで携帯の月々の料金はほとんど基本料金ぐらいでした。今年に入ったあたりから何だか料金がだんだん高くなって来てきました。それは通話ではなくパケット料金の方でした。

携帯でネットなどほとんどしないのにどうしてこんなにパケット通信が上がっているのか?原因がハッキリしました。引越ししてから企業やストアのお得な情報やクーポンのメールマガジンを受け取るようにしていたのですが、それに何気なくついてくる画像のせいだったのです。

メールマガジンの中には携帯でしか受け取れないのもあり、しかもそれに限ってテキスト形式ではなく派手な粧飾やら画像で一日数回配信されるのです。一昔前は画像を表示させない設定が出来たのですが、今のは添付ファイル拒否の設定をしても画像は付いてくる。

そこで、Docomoの「パケ放題ダブル」のサービスを使ってみることにしました。そしたら、さらに請求料金が上がってきた??

なんと、パケ放題にすると無料通話分はパケット代に充てられなくなるのでした。知らなかった・・・それでここ数ヶ月、携帯利用料金がだいだい6,600円ぐらいになってしまっているのです。

つまり、メールを受け取るだけで3,4千円ぐらい払っていることになる・・・以前、スマホに乗り換えた友人が料金は月々7,000円ぐらいだと言っていた。もうスマホと同じだ。同じ料金を払うのならばスマホの方が何かと便利に違いない。

さて、では機種は何がいいのか?今までDocomoでずっと来た。やはりスマホも無難にDocomoで。今、Docomoでは初めてスマホに乗り換えるユーザーに「はじめてスマホ割」というのと、10年以上継続利用している場合は「ありがとう10年スマホ割」というキャンペーンをやっている。

あと、Docomoが推しているツートップ機種であるとスマホの本体価格の割引も受けられるという。そうなると、「GALAXY S4 SC-04E」か「Xperia A SO-04E」という選択肢になる。

スペック上ではGALAXY S4の方が良さげ。1.9GHzのクアッドコア、有機ELディスプレイ、フルハイビジョン。あと、画面を直接触らずフリックしたり、目の動きだけでも操作出来るとか(@@;)。でも、それらの機能はそこまで使えるものでは無いよう。あと、海外では不具合が発生していたり少し気になる。

Xperiaは1.7GHzのクアッドコア。若干劣っているような気もするがスマホの性能はCPUの速さだけではなく色々なバランスも大事らしい。画素数が少ない方が画面の反応速度が良い場合もある。やはり、初めてのスマホは無難にSonyのXperiaにしよう。

そうなると「Xperia A SO-04E」の本体価格は、割引サポートを受け分割で2年間支払う場合、合計は

定価 78,120円
月々サポート -52,920円
はじめてスマホ割 -10,080円
ありがとう10年スマホ割 -10,080円
合計 5,040円

という感じにななります。

しかも、Docomoポイントが5000ptほど貯まっているのでそれを使うと月々ほぼ無料で手に入れられる。GALAXYだともう一万円上乗せということになる。もう確定。3日ほど前、意を決してドコモショップに行って参りました。

「Xperia A SO-04E」を試させてもらおうと手に取ってみると結構ずっしり感がありました。GALAXY S4の方が若干軽く感じました。あと、画面も少し大きい。でも、Xperiaで迷いはない。

しかし、「Xperia A SO-04E」の在庫は黒しかないとのこと。う~ん、白が欲しかったんですが。なんでも、お盆に東北地方全体でスマホのセールをやっていたらしくXperiaは大人気だったよう。おそらく、私と同じ理由でしょうな。(^^;)

白の入荷は今月にあるか保証できかねますとのこと。近くの他のショップに在庫があるか確認してもらったらXperia自体在庫無しだという、すごい人気だ。黒でもいいといえばいいのですが、やはり白がいいなぁ。

結構迷っていると店員さんが意外にも「量販店だったら在庫があるかもしれませんよ」と言ってくれました。そういえば、確かに家電量販店にスマホが並んでいるのを見かけたことはあった。機種変更というのは携帯電話会社の直営店でするものとばかり思い込んでました。

(そういえば、後から初めて買った携帯電話は量販店だったと思いだしました。その時は、逆に直営店で買うという発想がありませんでした。)

ならば、近くにヤマダ電機があるので行ってみることに。聞くと、家電量販店でもドコモショップと同様に手続ができるそう(ドコモポイントも使える)。

そこには、Xperiaの白の在庫がありました。早速、購入したいと言うとその日はドコモの担当者がいないので数日待たないといけないそう。携帯電話関連はそのキャリア各社の代理人が手続きを行うみたいでドコモの担当者が辞めてしまったばかりだそう。

途方に暮れていると、「他社に乗り換えてみませんか?」と店員さんが言ってきました。「えっ、わざわざ乗り換えなんて・・・何かメリットがあるんですか?」と聞いてみると「料金がお安くなります」と。なんでも、今他社からauに乗り換えると2年間色々割引を受けられるキャンペーン中だそう。auのXperiaだと月々4,700円ぐらいで済むそう。他社に乗り換えても現在の電話番号はそのまま使えるという。

まさに、「目からうろこが落ちる」という表現が合ってました。

他社に乗り換えるなんて今まで考えてみたことがありませんでした。何だかすごく面倒そうで敷居が高く、まあ無難にドコモを使い続けた方が楽だろうという感じでした。しかし、このままドコモで月々7千円を払い続けて継続10年以上の特典を得るより、他社に乗り換えて2年間でも月々の使用料が少なくて済む方が魅力的だ。

そうなると、ドコモのツートップにこだわる必要も無くなるわけです。すると、いきなり選択肢がどっと増えてしまいました。そこで、店員さんにお勧めを聞いてみると操作性的にも料金的にもiPhone5と言うことでした。

そこで、店員さんに聞いたiPhoneとAndroidのメリット、デメリットをまとめてみました。

・iPhoneは始めは基本的なアプリしか入っておらず必要な物は後から自分で追加していく。それらのアプリは動作がお墨付きのものしか配信されない。初心者にも分かりやすい。安定感がある。

・Androidは始めからよくわからないアプリが沢山入っている。困ったことに、それらが自動パップデートやら潜伏起動したりして動作が鈍く感じたりすることがあるらしい。それらの動作を止めるにはアンインストールするしかないが、そのよくわからないアプリは本当に削除していいのか素人には分からなくて結構困惑する。

あと、多くのユーザーを抱えるドコモであるがそのユーザーたちがどんどんスマホに乗り換えるようになって最近はかなり回線が混むらしい。 
 

iPhone5とXperiaを比較して感じたメリット、デメリット。

・iPhoneは防水ではない、赤外線は無い、画面が小さい、持ちやすい。メモリーは内蔵メモリーのみで増設不可。16GB、32GB、64GBの3つから選択する。

・Xperiaは防水、赤外線が使える、画面が大きい、iPhoneよりはデカくて重い、メモリカード増設可。
 


他社からauに乗り換えてiPhone 5を一括購入したした場合の始めの2年間の料金プランを通常の場合と比較してみました。

  通常 乗り換え割引等
LTEプラン 980円/月 0円/月
LTE NET 315円/月 315円/月
LTEフラット 5,980円/月 5,460円/月
毎月割   -2,140円/月
合計 7,280円/月 3,635円/月


なんと月々3,635円(@o@;)。始めiPhone5の画面が小さいかなと感じましたがそれを跳ね除けるほどの魅力的な料金です。手に乗せた感じはiPhone5の大きさぐらいがちょうどいい気がしてきました。(料金を見てマイナスイメージもプラスに変わるという、まさに現金な奴f^^;)

ただ、これらの料金プランは「iPhone 5を一括購入したした場合」なのです。例えば、64GB版の本体価格は72,000円です。これを2年間分割払いで購入すると月々3,000円ほど上乗せで月々6,660円ぐらいということになるわけです。(ヤマダでは分割購入の場合、ヤマダのポイント3万円分がもらえるようです)

ヤマダ電機ではその日はiPhone5の16GBが8,800円、32GBが16,800円、64GBが38,800円で売られていました。価格的には32GBでしょうか。「32GBの白ありますか?」と聞いたら白は在庫無いそう。しかも、もう夜8時を過ぎてしまったので手続きは出来ないという。

そしたら、「週末にauのiPhone5のセールが予定されていて価格はもっと下る可能性があるのでそのとき来てみてください」と言われました。どのみち、今日はもう買えない。3日待って行ってみることに。

その間、Docomoに支払う違約金の事を考えみました。キャリア乗り換えになると重要になるのが「更新月」というもの。大抵、今の携帯の契約サービスは2年毎に更新されます。契約をした翌月が「更新月」となります(8月に契約したら9月が「更新月」)。

その「更新月」内であれば解約したり他社へ乗り換えしたりしても違約金は発生しません。しかし、それより一ヶ月早くても遅くても違約金を払わねばなりません。と言っている私自身も自分の「更新月」など知りもしませんでした。(^^;)

どうやら、来年の3月みたいでした。あと5ヶ月ぐらいです。違約金は1万円ぐらいだと思います。ドコモのスマホで月々7,000円支払っていると仮定してみます。乗り換えれば月々3,600円。実質3,400円浮く。3ヶ月で違約金の元が取れる計算になります。

あと、残っていたドコモポイント。以前はポイントを料金の支払いに回せたと思ったのですが今は出来ないようですね。5000ptぐらいありましたがもういいです。

そして昨日、ヤマダ電機に行ってみるとauのiPhone5が値下がりしていました。16GBが0円、32GBが6,800円、何と言っても64GBが13,800円で売られていました。もう迷うこと無く64GBに決めました。





おお、iPhone 5 64GB、白。

 



大きさは今まで使っていたガラケーの富士通F-02Bより一回り大きいぐらい。

5インチ前後のAndroidと並べれば画面が小さく感じても、比べるものがなくなれば扱いやすいちょうどいいサイズと思えます。




裏面。リンゴマーク。

今回はドコモショップでXperiaの白の在庫が無くて量販店に行ってみたらと言ってもらったこと、量販店でドコモの担当の人がいなかったことなど、本当にいろんな偶然が重なり格安でiPhone5を手に入れることが出来ました。

一番ラッキーだったのは直営店でなく、いろんなキャリア、機種を扱う情報通の量販店の店員さんに話を聞けたことでした。そうでなかったら今頃何の疑問もなくドコモユーザーだったでしょうから。2年後、ドコモがiPhoneを取り扱うようになって乗り換えキャンペーンをやっていたら乗り換えるかもしれませんね、「更新月」に。(^^;)

初めてスマートフォンに乗り換えるときは直営店ではなく量販店で相談するのもいいのかもしれませんね。直営店では他社の割引サービスを薦めてくることはないでしょうから。

いや~、今回文がすごく長くなってしまいましたな。SoftBankの話も加えるとさらに長くなるので割愛させてもらいました。ただ、まだこの地域ではソフトバンクのLETのエリアは少し狭いようでした。2年後、エリア拡大してたらソフトバンクへの乗り換えの可能性もありえますね。

長文スマホ、いやスマソ、ということでオヤジギャグでシメらせてもらいたいと思います。(^^;)



テーマ: パソコンな日々 ジャンル: コンピュータ
カテゴリ
ini-T MUSIC SKY
プロフィール