CLIP STDIO PAINT PROで描いてみた
漫画制作Tool



CLIP STDIO PAINT PROはプロも使う漫画制作ソフトです。自分もだいぶ昔(中学から大学に入ったあたりまで)は漫画を描くのが大好きで、Gペン、丸ペン、そして開明墨汁(笑)を使ってよく描いてましたね。

でも、実際の紙に墨汁でペン入れして美しく線を描くというのは並大抵のことではありません。結局、挫折しました。(その後、音楽方面へ完全シフトしました。)

そして、絵を描くことをやめてから時は十数年流れ、ひょんなことからSAIというソフトを知りました。アナログではできなかった綺麗な線を引くということを叶えてくれる画期的なソフトでした。そこで、ポチポチとたまに絵を描くモチベーションも湧いてきました。

SAIに似た感じというCLIP STDIO PAINTの存在も知り、一度体験版で試したことがあるのですが、SAIよりベクター編集が楽ではないという感じがしたので購入までは至りませんでした。

何の因果か、先日購入したQUMARIONの同梱という形でSTDIO PAINT PROが手元にやってまいりました。体験版の時はマニュアルなど読まずに感覚的にやっていたので把握できなかったこともあったのは確か。今回は事前にマニュアル全部読んでみました。

全機能をざっくり把握して、ベクター編集もSAIほどでなくても結構出来るんだと分かりました。とりあえず、STDIO PAINT PROで何か描いてみようと思いました。



原画サイズで拡大

このキャラの設定は、名前は「柳田ひとみ」。口癖は「ちょりーっす」であるが、たまに無意識に「ちょりそーっす」と言い間違える。どこかで「チョリソー」という単語を聞いてから混同してしまうようになったと推測される。なお、本人は「チョリソー」が何なのかは把握していない。チリソースの仲間的な「チョリソース」というふうにふんわりと思っている。かなり天然ではあるが、時折人並みではない集中力を見せる、みたいな。(笑)

とりあえず、下絵はArtRageで描きました。楽に絵を描きたい自分には、まるで紙に鉛筆で描く感覚のあるArtRageの方がしっくりする感じがします。



原画サイズで拡大

このラフ画をSTDIO PAINT PROに渡し輪郭線を引いてみました。やはり、SAIのベクターとは感覚がまるで違います。STDIO PAINTはペンで実際に線をスッスッと引いていく感覚でないと作業が進まないという感じです。

SAIに比べれば楽ではない。しかし、線に迫が出る。まさにGペンの切れ味ですね。このあたりが楽に絵を描きたい方法を模索する人間に、少しぐらい苦労しても対価的に得られるものもあると思い出させてくれました。(でも、楽に絵を描きたい方向は曲げられないのですf^^;)

だんだん慣れてくると、こちらのベクターの癖もわかってきて手に馴染んできました。



原画サイズで拡大

色塗りも初めてSTDIO PAINT PROでやってみました。色塗り用として、いつも使っているGIMPと勝手が違うのですが、仕上がりの感想はなんかいい感じかもしれません。

STDIO PAINT PROを使ってみてすぐ気に入った機能は、「参照レイヤー」ですね。輪郭線のレイヤーに設定しておけば色塗り用のレイヤーが簡単に作れます。

あと、何気にスポイト。レイヤー階層関係なく画面上の色を拾ってくれます。GIMPではうっかり違うレイヤーを選んでてよく黒になってしまいましたからね(^^;)。あと、アプリ場外のディスクトップ上からも色を拾えるというのも結構嬉しい機能です。



原画サイズで拡大

ついでに、モノトーンのスクリーントーン調も。レイヤー毎に簡単に変換出来るのですね。元に戻すのも簡単にできます。

漫画には欠かせないスクリーントーン。一枚、500円とか800円ぐらいしましたっけ?今は、5千円のソフト買えばどれだけ贅沢に貼っても買い足すことなく使えるという、いい時代になりましたのですね(^^;)。意図するようにするには少し手を込ませないといけませんが十分ありがたい機能だと思います。

普段、GIMPを使っているのでCLIP STDIO PAINTは安定感を感じますね。GIMPは優良のフリーソフトでありますが、バグっぽい動作も多々感じます。STDIO PAINTは漫画だけでなくフォトレタッチとしても使えそうなので乗り換えましょうかね。せっかくの有料ソフトですからね。


スポンサーサイト
テーマ: CG ジャンル: 日記
QUMARION、買っちゃった
漫画制作Tool



先日、漫画制作ツールを販売しているCLIPからQUMARIONのセールのお知らせメールが着ていました。QUMARIONというのは「人型入力デバイス」というもので、その人形でポーズを取らせるとそのまま3DCGのモデルのポーズに反映させることが出来るというもの。

以前、興味を持ったことがありましたが定価は13万円(単体9万円)。その時はアニメーションもやってなかったし必要性からしても自分にはあまりに高額であるので手を出す気はありませんでした。

最近、3DCGでアニメーションをやるようになって人型のモーション付けはやはり大変と思っていました。そんなタイミングで、QUMARIONのアプリ同梱版が5日間の期間限定で55%OFFの6万円で購入できるというチャンス。

6万円は高いか安いか?前だったら高いと思えましたが、今なら必要性と可能性から出してもいいと思いました。そこで、迷ってる暇はないと飛び付きました。

同梱ソフトウェアのCLIP STUDIO PAINT PRO、STUDIO ACTION、STUDIO COORDINATEとこれだけでも3万円はします。STUDIO PAINT PROは、体験版を使った事があるのですが購入まではしていませんでした。これはいい機会なのでGETしておきましょう。




注文が殺到しているため発送が遅れますと連絡が来て、待つこと丸1週間、ようやく届きました。思っていたより箱がデカくて驚きました。




箱を開けるとまた箱が。まだ大きい。もしかしたら、このままマトリョーシカのように小さくなっていったり・・・




大丈夫です。すぐ、QUMARIONが出てまいりました(笑)。




思っていたより大きい印象です。全長32cmぐらいです。下には、スタンド等色々付属品が入ってます。




「Hello!」的なポージングです。そういえば、実物のフィギュアを買ったのは人生初です。とは言っても、これは観賞用ではなく入力ディバイスですけどね。




あと、Tab-Mate Controllerというのも付いてました。ショートカットなど登録できる入力補助装置のようです。これも5千円ぐらいするらしいのでお買い得だったと思います。

また覚えるべきアプリが増えてしまいましたが、複数のソフトを使うことで新たに見えてくるものもあると思います。色々試してみましょう。


テーマ: CG ジャンル: 日記
ArtRage 4.5の購入
漫画制作Tool



私は現在、楽に絵を書く手段として3DCGという手法を模索していますが、3Dのモデリングばかりやっていると何か肝心なものを忘れそうな気もしてきます。

やっぱり、3DCGをやるにしても実際に絵も描くことも大事だと思います。しかし、絵の具や筆まで引っ張りだす気力もなし。自分のテーマは極力簡単に絵を描く手段の模索。

それで思い出したのが「ArtRage」というお絵かきソフト。このソフトは4年ほど前にイーフロ社で販売されていて、いかにもリアルな手描きタッチなイラストが描けることと、その割には手頃な価格(当時8千円ぐらい)ということもあって興味を持ち、購入しました。

ただ、ソフトは日本語対応でもマニュアルが英語で全機能を把握することが困難だったので、だんだん使用することもなくなってしまいました。じつは日本語マニュアルがインストールディスクに存在していたのを最近知りました。(汗)

それで、ようやくこのソフトの全機能を把握出来ました。楽して絵が書けるように色々工夫されていますね。洗練されています。自分が持っているのはバージョン3.5なのですが、現在4.5がリリースされているようです。興味があります。

バージョンアップしてみたいと思ったのですがいつの間にかイーフロ社はArtRageの取り扱いを終了していました。そうなると、海外の公式サイトから直接注文しないといけないようです。




ArtRageの前のバージョンを持っていれば、ArtRage4を通常50ドルのところ半額の25ドルで購入できるという。50ドルでも十分安いんですけど、せっかくなので半額割引で購入してみることに。




イーフロ社から購入していても、ArtRage公式サイトのメンバーエリアに購入したシリアルが登録してあれば割り引き価格で購入できるようです。「Upgrade to ArtRage 4」をクリックすれば注文手続きのページに入るということですね。




全部英語でやらないといけないのかと思ったら、日本語対応で意表を突かれました。6,191円のところ半額割引で3,096円。海外の製品ですから為替レートで価格も変動します。去年の今頃だったらもう500円ぐらい安かったのでしょうけど3,000円でも十分お買い得だと思います。(値下がりなんて待っていたらいつになるか分かりませんからね^^;)

支払はPayPalにも対応していました。海外のサイトにカード情報を登録するのは少々抵抗があるので助かります。




手続きを完了してダウンロードして起ち上げてみたら日本語対応でこちらにも意表を突かれました。ただ、マニュアルは英語のみのようです。まあ、もうマニュアルを見なくても大丈夫ですけどね。

シンメトリー描写とか新機能も加わっていますが、自分的には64bitに対応したのが嬉しいですね。以前はけっこうもっさり感を感じたりしましたがPCの性能も良くなったし、これでもう大丈夫でしょう。



[HD]1280x720サイズ

ArtRage4.5で記念に夏っぽいテーマで描いてみました。鉛筆と水彩です。タイトルは「ラグーンにて」としておきます。いかにも鉛筆で実際の紙に書いてる感じに見えますが、これはペンタブレットで直接ArtRage上に描き込んだものです。う~ん、これは楽だ(笑)。さっと何か色付きで描きたいときに実際に紙に描くより手軽ですね。

ArtRageで下書きをして他のソフトで仕上げをするという使い道もできますね。


[HD]1280x720サイズ
[HD]文字無し版

上の絵を輪郭線をSAI、色塗りはGIMPでセル画調に仕上げてみました。ついでに、「暑中見舞い」風にしてみました。

やっぱり、ArtRageは手軽でいいですね。楽に絵を描きたい自分には打って付けのツールですね。




これは、4年前に30日間無料で使えるArtRage3の体験版で描いたものです。体験版でなんとか円柱のイメージを油彩タッチで具現化することが出来たので購入を決めたのでした。

ちなみに、私の使っているペンタブはWACOMのET-0405A-Uという12年前から使っている年代物です。使いやすいから使い続けているのではなくて、まだ使えているので使っているという感じです。

今のペンタブは角度を変えたりの機能やファンクションキーとか付いていたり使いやすそうでいいなぁとか思うのですが、買い換えるモチベーションも足りず、当面ずるずると使い続けそうです。


テーマ: CG ジャンル: 日記
カテゴリ
ini-T MUSIC SKY
プロフィール