VR HTC Viveの導入
VR



今年に入り「Oculus Rift」が製品化、「HTC Vive」、「PlayStation VR」の発売と2016年はまさにVR元年といってもいいでしょう。

Unityであれば自分の作った3Dシーンや3DモデルをVRで見ることはかなり簡単に実現出来そうです。それは、いつものディスプレイ上で見るのとは違う何か大きな刺激を受けるのではと自分もそれなりに興味がありました。

最近話題なのは「PlayStation VR」ですね。販売後すぐに売り切れ店続出で現在まだまだ多くの人が入荷待ち状態みたいです。でも、私はPlayStation4を持ってないので選択肢にはありません。

やはり、「Oculus Rift」と「HTC Vive」のどちらかとなります。VRというと長らく開発者用の「Oculus Rift Kit」という単語に馴染みがあってVRならOculusというイメージがありました。

2つを比べると大きな差といえば「Oculus Rift」は基本的に正面を見回すような感じ、「HTC Vive」は立ったり座ったり対象物に自分自身が移動して近づいたり回り込んだり出来るという感じでしょうか。

購入費は送料・税込で「Oculus Rift」が94,600円、「HTC Vive」が107,784円とViveの方がお高め。(しかし、Oculusの方は近々発売される別売りの「Oculus Touch」を含めるとこちらの方がお高くなりそうです)

設置の方はOculusの方は机の上にセンサーを一つ置くだけとお手軽。Viveはベースステーションを2つ壁に固定設置推奨、動き回りたいのなら障害物のない2㎡ぐらいのスペースが必要。設定等少し複雑そう。

価格と設置の簡単さと知名度からOculusでいいかなと思ったのですが、こちらは注文は海外サイトでおこない、現地からの発送となります。空間を歩いて移動できるという面白さと日本のPCショップで注文すれば翌日に届く手軽さが決め手となって若干お高めでも「HTC Vive」を購入してみることにしました。




ドスパラで注文したら本当に関東から東北の地に注文した翌日に届きました。思っていたよりでかいですね。(iPhoneとの比較)







ダンボールの中に本体の箱が入ってます。




箱の中に入っている本体と付属品。何やらいっぱいあります。




まず、やることは部屋に2㎡ぐらいのスペースを確保すること。久々に大掛かりな掃除をして筋肉痛です(笑)。




次に、壁に「ベースステーション」を取り付けます。高さは2mちょいぐらい、互いの距離は5m以内で。それぞれコンセントからの電源供給が必要です。何か、監視されてる気になりますね。(^^;)




Viveに付属の釘(右)は柱にねじ込むには太すぎて3分の1しか入りませんでした。細いもので代用しました(左)。

さて、ここまできたらセットアップも終わりも当然と思いけりゃ、何とインストールを完了させることができないというトラブルが発生しました・・・

すでに解決したのですが、もしかして今後Viveを購入してインストールしようとする際に自分と同じ状態に陥り頓挫してしまう方もいるかもしれないのでそのことについて書いておきたいと思います。


・ヘッドセットをデバイスとして認識しない 1



ヘッドセットとPCを繋ぐための「Link Box」というのがあるのですが、これには向きがあります。上に小さく「PC」「VR」と書いてあります。最初間違えて繋いでしまってうんともすんとも言いませんでした。

VRの接続は橙色同士なんですね。セットアップの動画は止めながら確認しながら見た方がいいですね。


・ヘッドセットをデバイスとして認識しない 2

「Link Box」の繋ぎ方を直したら色々デバイスのドライバのインストールが始まったのですが、ヘッドセット本体が認識されていないようでした。

まぁ、これは前にも経験があったのですがPCケースに付いているフロントのUSBに繋ぐとHUB経由できないデバイスは認識されない場合があるのです。LINE6のPOD LiveもフロントUSBに繋ぐと認識されませんでした。

この場合、PCの後ろ側、要するにマザーボードに直指しすると改善されます。これで、ヘッドセットのドライバもインストールされました。

しかし、最大のトラブルの山場は次でした。


・トラッキングを確立できない

デバイスのドライバもインストール完了してあとは「ルームセットアップ」で部屋の広さを認識させて、「素晴らしきVRの世界へようこそ!」となるばかりと思っていました。

しかし、どういう訳か「トラッキングを確立する。」というところで止まってしまうのです・・・




デバイスはオールグリーンで認識されているはずで、本来ならこんなところで止まらずスパっと次に進むはずなのですがどうにもならない。ネットで検索しても具体的な解決法が見つかりませんでした。これは非常に稀なケースなのか?PC自体が原因なのか?

とりあえず、もう一度Vive関連のファイルをアンインストールしてインストールしてみようと思ったら今度はサーバー通信エラーで「ルームセットアップ」すら始められない状態に。




気分はもう完全にどん底状態です。もしかしたら、新しいPCを買えば問題なく動くのか?しかし、4年前のPCとはいえ新しいPCに買い換えるほどスペックが足りていないとも思えない。こんなことならOculusにしておけば良かったとも思ったりしました。

しかし、金額が金額なだけに割り切って諦めることもできない。という訳で最後の切り札、Viveのサポートに上の2つの状況とキャプチャー画像へのリンクを付け加え連絡を入れてみました。

それで、返答がメールで着ました。

一度コンピュータOSのUser Nameが英語以外の文字になっているかご確認いただけますでしょうか。 英語以外の文字になっております場合、 誠にお手数ではございますが、 Steam & Steam VRをアンインストールいただきました後、 コンピュータOSのUser Nameを英語に変更いただき、その後、Steam & Steam VRを 再インストールいただくことで 現象に改善が見られるか ご確認いただけますよう お願い申し上げます。

また、OSの再インストール(クリーンインストール)を 行っていただきますことで 現象に改善が見られるかどうかご確認いただけますようお願い申し上げます。~以下略

う~ん、どちらも分かりましたと言って簡単に割り切って出来ることでもありません。どちらにしても慣れ親しんだPCの環境をリセットすることに変わりありません。

しかし、OSのユーザー名が漢字なのは間違いないです。海外製のアプリではパスに全角日本語(マルチバイト)が含まれるとインストールや保存ができなかったりするのは珍しいことではありません。

OSのユーザー名が漢字なのは自分の意志ではありません。マルチバイトが良くないことは知っていてWindows7までは半角英数のユーザー名でした。Win8のインストール時にこういうことになりました。まさか、登録した漢字の本名でユーザーフォルダーを作られてしまうとは思いもよりませんでした。しかも、一度登録されたら後から直すこともできないという。(Win7から直接Win10にアップグレードしたノートPCは半角英数のユーザー名をそのまま引き継いでました)

しかし、今までは漢字ユーザー名のままでも不具合もなかったのでそのままにしていました。仕方ありません、とりあえずこのPCに半角英数の別のローカルアカウントを作って管理者権限を与えて、新たに作られた半角英数のユーザーフォルダに元の環境(ドキュメント、AppData等)をコピペで移し替えることにしてみました。

それで、ようやく引越し作業を終え、再びViveアプリをインストールすると通信エラーは出ずすんなり進み、「トラッキングを確立する。」も何事もなかったよう認識され次へと進み足元の高さ、部屋の広さの計測も終えViveのインストールがようやく完了しました。

今回のViveインストールでのトラブルの原因はOSのユーザー名が漢字だったという結論に至りました。全角日本語など欧米圏の人たちは考えない方が普通でしょうからユーザー名は半角英数の方が無難です。Microsoftはそういうことも考えなかったのでしょうか、疑問です。

今回はインストールはできてもセットアップができないという初めての事例でした。こんなこともあるのですね。でも、困難を乗り越えたどり着いたVRの世界はとても素晴らしく可能性を感じさせてくれるものでした。これは11万円出した価値は十分あると思えました。久々にワクワクものです。

ちなみに現在のPCスペックです。これでもViveは使えてます。

OS: Windows 10 Pro 64-bit
CPU: Intel Core i7-3770
マザーボード: ASRockH77 Pro4/MVP
グラフィックカード: GeForce GTX 660 OC
メモリ: 16GB

このマザーボードは16GBまでしか載せられないんですよね。それよりグラカはさすがにもうキビしいですかね。しかしながら、PC新調はもう少し粘りたいところです。





スポンサーサイト
テーマ: パソコンな日々 ジャンル: コンピュータ
カテゴリ
ini-T MUSIC SKY
プロフィール