Squierのジャズベ買っちゃった



以前、中古購入したSquierのフレットレス・ジャズベースは思っていた以上に満足できる買い物でした。ジャズベースはやっぱり弾きやすいですね。

かつて、私はFender USAのアメリカンスタンダードのジャズベースを買おうとして楽器屋に行ったとき、試奏させてもらったアメスタのプレべがあまりにも衝撃的なサウンドだったのでプレシジョン・ベースを選んでしまったのでした。

ジャズベースはプレシジョン・ベースに比べ、ネックが細く薄いので技巧的なプレイを好むプレーヤーに好まれます。私もいつかアメスタのジャズベも買うことだろうから今回はまずプレべにしておこうという感じでした。

しかし、その後ベースを弾く機会もあまりなくなり、新品でベースを購入する動機付けも無くなりました。フレットの付いたジャズベースも一本ぐらいは持っておきたいとは思っていました。

Squierのジャズベースは価格の割にはちゃんとし過ぎているぐらい価格破壊の代物だと思えます。だからと言って新品で4万円でもちょっと買うのはためらうところでした。

2万円ぐらいだったら買ってみてもいいけどなぁと思っていたところ、先日ヤフオクで出品されているのを見つけました。ほぼ新品で1万4千円ほど。これはとりあえず2万円ぐらいまでは参加してみようと思っていたら1万5千円で落札出来てしまいました。(@o@;)

やはりスクワイヤは廉価モデルのイメージが濃くて敬遠されてしまうということでしょうかね。こちらはスクワイヤの良さを知っていたので入札の少なさに意外さを感じてしまいましたがラッキーでした。



Squier by Fender
Vintage Modified Series JAZZ BASS


このナチュラル・モデルの指板のざっくりした黒い四角のインレイとか見た目はとてもイカしてますね。

きっとフレットレスと同じ仕様でフレットが付いてるだけなので同じぐらいの満足を得られるサウンドがするだろうとアンプに繋いで音を出してみるとまるで違う?なんというか音が軽すぎる。

フレットが付いただけでこんなに音が変わるわけがない。これは、弦が違うからだと想定出来ました。もし、購入して弦を張り替えていないとするのならこのベースには045-100セットのFender Super 7250MLというのがプリセットとして張られているはず。確かに細い感じです。

早速、自分がいつも使っているダダリオのEXL165に張り替えることにしました。あと、フレットレスの時は見た目に安っぽさを感じなかったのですが、フレットが付いているとけっこう・・・と思っていたらフレットが錆びているからそう見えるのだと気が付きました。




これはステンレスの錆びなんでしょう。お店においてあるやつではなく通販で購入して倉庫から直接送られてきたらこういう状態もあり得るかもしれませんね。前のオーナーは購入してすぐ手放したということなのでそれもありうる。

とりあえず、錆びなので錆びとりで磨いてみることにしました。




磨いてみるとピッカピカになりますね。指板を傷つけないように養生テープでマスキングしながら地道にフレット全部磨きました。




弦を張り替えてネックやブリッジの調整もしてからアンプを繋いで弾いてみました。断然に音が太くなりました。太さだけではなく弦の素材自体が自分的にはダダリオはハード、フェンダーはソフトというイメージがあります。

でも、同じメーカーのジャズベに同じ弦を張っても音は全く同じにはならないものですね。ボディの材質がフレットレスはアガチス、こちらはソフト・メイプルの差なのでしょうか。

アガチスはカッチカチで、ソフト・メイプルは若干柔らかい。意外とアガチスの方がよりジャズベっぽいサウンドになるような気もします。




一応、ヘッドも撮っておきましょう。やはり、ネックはノーラッカーです。

記念にこのベースで録音を試みてみました。




使用楽器:
Squier by Fender Vintage Modified Series
フレッテッド・ジャズ・ベース

使用弦:D'Addario EXL165

演奏時間:1分20秒
録音日:2015年3月29日


ジャズベと言ったらやっぱりチョッパーしたくなりますよね(笑)。Em7のワンコードでベースはスラップのリフ、それにリードもベースでアドリブをするというマニアックなツインベース形式です。どちらも上記のスクワイヤのフレッテッドのジャズベです。

20年ぐらい前にいろんな分野のプロフェッショナルが専門学生へワークショップを開くという番組があって、ミュージシャンの回のときに村上ポンタ秀一氏と吉田健氏が講師として出演していました。

そのとき、ベースの学生が6弦ベースでラリーグラハム風スラップを演奏しているときに村上ポンタ秀一氏が「俺、そんなの嫌いだよ」と言いつつ途中から笑顔でそのベースに合わせてドラムを叩き出すシーンがすごくカッコよくてそこだけ今でも覚えているんですよね。

今回はああいう感じでやってみようと思いました。始めバスドラのリズムにスラップで乗って、そこにドラムが入ってくる感じにしてみました。たしか、その時のスラップフレーズはこんな感じだったと思います。




録音はライン録りです。Roland  STUDIO-CAPTURE  UA-1610には優秀なコンプレッサーがありプリセットもいろいろ用意されてます。スラップも直でOKです。




シーケンサーはSONAR X2です。ドラムとキーボードはYAMAHA MOTIF-RACK(初代)です。アンプシュミレーターとして今回はX1に付いていたプラグインの「Guitar Rig 4」を使ってみました。左がリード、右がスラップです。リードの方は若干ディストーション気味な設定にしてあります。スラップは「Slap Bass1」をそのまま使ってみました。

いろいろ廉価モデルは触ったことはありますが、たいていはネックの状態とか音とかライブで実際に使うとかにはキビしいかもしれません。でも、Squierは作りがちゃんとしているし入門者であればFender JAPANではなくまずはお安いSquierにしておいていずれお金を貯めてUSAを購入するという選択肢もありますね。(もちろんそのままSquierという選択肢もあるでしょうけど)

音は断然USAの方がいいとは思いますが、USAの作りは結構雑でギターもベースもハイポジションはフレットの高さの調節をしないといけなかったりします(私の場合はそうでした)。Squierはハイポジションもしっかりしているし弾きやすさも抜群ですね。

このシリーズには5弦ベースもあるようですがピックアップはやっぱりパッシブなんでしょうね。5弦用のピックアップはまずアクティブですので5弦パッシブは少し興味はありますが、もう多弦ベースは買うことはないでしょう。

今日SquierのメーカーHPを見てみたらこのベースは今は生産終了となってしまったようですね。

Squierのフレットレスベースについてはこちらの方に書いてあります。よかったらどうぞ覗いてみてください。

http://initmusic.blog.fc2.com/blog-entry-24.html

スポンサーサイト
テーマ: 楽器 ジャンル: 音楽
フレットレス・ベースでアドリブ録音



本日、いよいよSquierのフレットレス・ベースでの演奏の録音を試みてみようと思いました。

何がいいかと考えたら、前からアコースティク・ギターとフレットレス・ベースって相性がいいなと思っていたのでアコギの伴奏にフレットレス・ベースのアドリブを乗せてみたら面白いかもと思いました。ですので、今回はアコギとベースのデュオという形にしました。

使用したアコギはMartin OM-28V。マイクはSHURE SM57をオーディオ・インターフェイスのEDIROL UA-25につないで録りました。キーはEm、コード進行はC-D-Em7の循環コード。最初の8小節はイントロっぽくベースラインを弾いて、後は自由にアドリブして最後にハーモニックスで合わせて終わる、という流れです。
 




使用楽器:
Squier by Fender Vintage Modified Series
フレットレス・ジャズ・ベース

使用弦:D'Addario EXL165

演奏時間:1分29秒
録音日:2013年5月19日


ベースはUA-25に直接つないでライン録りです。素の音で録音に堪えられるサウンドだったので、あえてアンプ・シュミレーターやイコライザーなどは使わずエフェクターはリミッターとリバーブだけです。アドリブでは4弦の開放から1弦の19フレットまで使ってみました。

しっかし、2万6千円で手に入れたベースとは思えないぐらい結構使える音と思えますね。音はまさにジャズベのサウンド。しっかりしている。ダンカンのピックアップの性能のおかげでしょうか?

ラストのベースのハーモニックスではフレットレス特有の技、ハーモニックス・スライドを使いました。これはハーモニックスを鳴らしてから指板に押し付けてスライドさせるとハーモニックスのままポルタメントに音程を変えられるというテクニックです。フレッテッドでは不可能な技です。

今回は3弦の7フレットのEのハーモニックスを鳴らしてそのまま1オクターブ上にスライドさせました。アコギはノイズがスゴくてゲートを強めに掛けているのですが最後のハーモニックスの音量が小さいのでゲートが破られてしまいました。

EDIROL UA-25はノイズが大きいとの評判もよく見かけます。例のUA-1610 STUDIO-CAPTUREってノイズどうなんでしょうね?ノイズが出にくいのであれば10万円出してもいい気にもなってきました。

試聴してみたいのですが近くに楽器屋がないんですよ。大きい楽器屋に行こうとしたら北へも南へも新幹線で40分ぐらいかかります。千葉に住んでいた時、ふらりと楽器屋に立ち寄れた環境が懐かしいです。

何だかんだ言ってもSquierのフレットレス・ベースは購入して良かったと思います。やはり、フレットレスはフレッテッドとは違うインスピレーションが湧きます。でも、新品だったとしてもこのフレットレス・ベースを4万円ではまず買うことはなかったと思います(現在、ベーシストという訳でもありませんので)。これも何かの巡り合わせということで。
f(^^;)



テーマ: 楽器 ジャンル: 音楽
フレットレス・ベースの調整



さて、スクワイアのフレットレス・ベースの調整の様子をレポートしたいと思います。見た目はまさに新品同様です。
 
 

Squier by Fender
Vintage Modified Series
フレットレス・ジャズ・ベース





ヘッド部。Squier by Fender JAZZ BASSの刻印。ヘッドとネックはラッカー等の塗装はされていない模様。
 



フレットラインは20本。指板はメイプ材のようです。カタログで見てみるとFender JAPANのJB62-77FLはローズウッド。見た目ではSquierの方がエポキシ加工風でいかにも硬そうです。(多分価格的にエポキシ加工まではしてないと思いますが)

このベースのネックは正面方向にかなり反ってます。いわゆる「順反り」。調整の必要があります。ちなみに、背面方向に反っているのは「逆反り」です。
 



ボディはバスウッドではなくアガチス材でした。廉価モデルのギターやベースは何本か持ってましたがみんなバスウッドでした。バスウッドは音を吸われてしまい何か”ぬとぬと”いう感じであんまり好きではないです。アガチスはどうなんでしょうね?印象はあまり悪い感じはしません。

ピックアップは、「2-Duncan Designed JB101 Single-Coil Pickups with AlNiCo 5 Magnets」というもの。ダンカンのシングル・コイルでパッシブ回路ですがサウンドは太い感じです。やはり、シングル・コイルが2つなのでジャズベのサウンドがします。

このベースにはフラット・ワウンド弦が張ってありました。普通、フレットレス・ベースにはフラット・ワウンドを張るものと思われがちですが、フュージョンなどでよく耳にする”ミョンミョン”したサウンドはラウンド・ワウンドを使っているのです。

フラット・ワウンドのサウンドは”ポンポン”、”ペンペン”と軽めでサスティーンが短めです。ラウンド・ワウンドはサスティーンが長く”ブンブン”なのでフレットレスでは”ミョンミョン”という感じになります。(なんだか主観の擬音だらけになってすみませんf^^;)

ちなみに、ウッド・ベースは通常フラット・ワウンドを張りますが”ミョンニョン”に近いサウンドになります(そういえば、ウッドベース用のラウンド・ワウンド弦は聞いたことありませんね^^;)。エレキ・ベース用より弦長も長いし、弦自体太くなるので質量が大きいためでしょう。

私はフレットレス・ベースにはラウンド・ワウンド弦派なので弦を張り替えることにしました。(もちろん、あえてフレッテッドにフラット・ワウンド弦を張るプレーヤーもいます)

 



私の使っているベース弦はダダリオのEXL165です。ダダリオのスタンダードで無難な弦です。ダダリオの弦は立ち上がりが早くブライトなところが好きです。ついでに、Fender USAのアメスタのプレベも5年ぐらい弦を張り替えてなかったので一緒に替えることにしました。

 



あると便利な「ペグ巻」。ベース用のも存在します。ギター用よりかなりデカい。(笑)

弦を外して、まずはネックの調整。このSquierのネックのロッドはヘッドに付いてるので手間が省けます。Fender USAのアメスタはブリッジ側に付いているのでいちいちドライバーでネジを回してボディからネックを外して調節しなくてはいけないので手間がかかります。(付けたまま付属のレンチで出来ないこともないのですがなんだかちょっと)

ネックの反りの調節をするときはロッドに六角レンチを差し込んでするのですが、この時力づくでレンチだけでやろうとするとロッドが馬鹿になったり折れたりする可能性が大きくなってしまいます。まず、楽器を股に挟んで固定してネックの修正させたい方向に手で反らせながらロッドを回すと楽に作業ができます。

そして、弦を張って今度はブリッジの調整。まず、各弦の19フレットでハーモニックスを鳴らし、そのあと19フレットのライン上を押さえて音のズレをチェック。う~ん、このベースは全然調整されてないようです。

ライン上を押さえて出した音がハーモニックスよりかなり低くなっています。この場合はブリッジのコマを指板側に動かして音程を上げていき、最終的にどちらも同じ音程になるようにします。

このベースは20フレットしかないので19フレットのハーモニックスを使います。例えば、1弦の19フレットではGの第6倍音のD音と指板を押さえた時の音が同じになるからです。よりブリッジに近いところでやると狂いにくくなります。24フレットあるときは第8倍音のGを使う方がいいです。

同時に弦高の調整も行います。弦高が高いとテンションがきつくなり弾きにくくなってしまいます。下げ過ぎると音にビビリが入りやすなります。ドライバーでコマの位置を変えながらレンチで高さも調節していきます。
 



そして、無事調整作業が終わりました。

17フレット付近の画像で比較してみましょう。はじめの状態では弦高が6~7mm位ありましたが、作業後は3mmぐらいになりました。ベースは弦が太く長いので音のビビリが発生しないで下げられる限度はこのぐらいになります。

自分好みに調整したので、このベースめっちゃ弾きやすくなりましたよ。こいつは結構いいかも。いずれ、このベースでの録音などしてみたいと思います。

この楽器の前のオーナーはフレットレス・ベースに興味を持つも、何か想像していたフレットレスの音と違うし、弾きにくいし音程も狂っていて早々と手放したのかもしれませんね。

楽器を購入した時点の状態がその楽器のベストコンディションとは限りません。やはり、演奏するのは自分なのですから自分に合うように自分自身でカスタマイズ出来た方がいいと思います。(私は必要があればノミ入れも辞しません、f^^;)



 
テーマ: 楽器 ジャンル: 音楽
Squierのフレットレス・ベース買っちゃった



フレットレス・ベースは今必要ではないけれど、長い目で考えてみたら使い道はあるだろう。7万円は出せないが2万6千円なら出してもいいのではないかと考えが変わって来ました。

先日リサイクルショップで見つけたSquier by Fenderのフレットレス・ベースはVintage Modified Seriesと言うもので定価¥54,600(税込)、実勢価格は4万円ぐらいのようです。

フレッテッドならまずこの価格帯には手を出しませんが、12弦ギターやフレットレスなどその特殊な形状によるサウンドは楽器の素材の差を超越してしまうと思えます。

今日は休日でしたがちょっと用事があり、その帰りにもしスクワイアのフレットレス・ベースがまだ売れていなかったら買うことにしよう、なかったら諦めようとあのリサイクルショップに寄って来ました。

そしたら、ありました。
で、購入しちゃいました。(笑)

ギター系の楽器買ったのは7年ぶりですね。もう買うこともないと思っていたのですけど、これも何かのめぐり合わせ。

画像や調整の模様はまた後日ということで。



テーマ: 楽器 ジャンル: 音楽
フレットレス・ベースの試奏



今日仕事帰りにふらりと近くのリサイクル・ショップに立ち寄ってみたらジャズベ・タイプのフレットレス・ベースを見つけました。あんまり、こういうところでフレットレスは見かけないのでちょっと興味を持ってしまいました。

そのベースのヘッドのロゴに「Squier」と刻印されていてその下に小さく「by Fender」とある。Squierというロゴは廉価メーカーとして見覚えがありましたがFenderと関わっているなんて長年ギターを弾いているのに今日初めて知りました。Fenderの子会社っぽいですね。

ちょっと、試奏させてもらうことに。見た目は新品。しかし、ネックの反りがすごく、またブリッジも高めで弦高がすごく高くなっていて弾きにくい。ただ、音はちゃんと出るし調整すれば問題は無さそう。

フレットレス・ベースは現在はフレットレス・ピッコロ・ベースPIE-ZOの一本持ってます。でも、以前はAriaProIIの5弦フレットレスと自分でフレットを抜いてパテで埋めたWashburnの4弦、そしてウッドベースも所有してました。

しかし、それらは13年前にFender USAのアメスタのプレベを購入するための資金にしようと売ってしまいました。今現在、フレットレス・ベースが必要というわけではない。しかし、フレットレスのサウンドは好きだ。PIE-ZOではない普通のを一本ぐらい持っていたい気もする。でも、Fender Japanで7万円ぐらいのもあるがそこまで予算は出せない・・・

その中古のスクワイアのフレットレス・ベースは2万6千円。やはり、それでもちょっと出せないかな。1万6千円だったら買ってみてもいいのですけど。で、結局買わずに帰って参りました。




カテゴリ
ini-T MUSIC SKY
プロフィール