愛用ホームページ作成ソフト



私が使っているのは5年ぐらいに購入した「ホームページ・ビルダー11」というソフトです。Vistaでは使えていたのですがWindows8では起動してくれない。(どうやら、Windows7から対応していなかったよう)

ネットで調べてみたらWindows7ではタスクマネージャーのサービスのところの「HomeGroup Provider」を止めればいいようでした。

停止させたら起動できた、ホっ。この「HomeGroup Provider」というのはホームグループを形成させるのに必要なものらしいです。初めはソフトを起動したら開始させていたがいちいちこの作業は面倒くさい。

時代の流れと諦めて新しいHP作成ソフトを探してみることに。フリーで探していくつか試してみたけれどもどうも使い勝手が悪い。私にとって一番重要なのはページ編集とHTMLソースが2分割で同時に表示できるかどうかだ。

どうやら、フリーではそういうものがないらしい。2分割表示できるものなら有料でも構わない。「ホームページ・ビルダー17」なら後継していると思うが趣味のHP制作ソフトに一万円以上はためらう。(ホームページ・ビルダー11はキャンペン価格で6千8百円でGETしてました)

なんだか、ソースネクストから「ホームページV3」というソフトのキャンペーン価格3千円でというメールは着ていた。3千円ぐらいなら買ってもいいと思えた。しかし、2分割表示できるかどうかだ。

どうやら、出来ないよう。残念。そうか「ホームページ・ビルダー11」とはかなり使い勝手の良いソフトだったのだと気が付かせられた。出来る事ならこのまま使い続けたい。

「HomeGroup Provider」を止めたままだとどうなってしまうのか試してみることに。Windows7以降から採用しているネットワーク上でディバイスなど共有しやすくなる機能で当然Windows8も参加できる。

でも、これを経由しなくても同じネットワークグループに入れておけば普通にそちらから共有できてます。そういえば、初めにノートWindows7マシンからWindows8マシンにLAN経由で入ろうとするときにユーザー名は何を入れるのか迷いました。

漢字で本名の苗字+氏名もダメ。氏名だけ入れても通りません。ならば、Liveにサインインするときの自分のメールアドレスを入れたら、通りました。そうだったのか、だったら始めにそう言っておくれよ。f(^^;)

あと、Windows8マシンからノートXPマシンの存在を確認できていなくて後で原因を探ろうとしていたら「HomeGroup Provider」を止めているときネットワークに出現すると判明しました。

これで3台ネットワークで繋がりました。「HomeGroup Provider」はとりあえず止めたままでいけそうです。

しかし、たまになんだか不可解な動作が起こり、やはり無理に使えないのかもしれないと思ったらホームページ・ビルダーの修正パッチを充てていなかったようです。すっかり、存在忘れてました。v11.03.0にバージョンアップで無事解決。

これでまだまだ「ホームページ・ビルダー11」を使い続けられそうです。



- 追記 -

Windows8.1で「HomeGroup Provider」を常に停止させておく方法はhttp://initmusic.blog.fc2.com/blog-entry-45.htmlの追記に書いてあります。


スポンサーサイト
テーマ: パソコンな日々 ジャンル: コンピュータ
ディスク・ドライブが消えた??



Windows8マシンに乗り換え一週間使い勝手も慣れてきてダウングレードなどする必要はないと思っていた。しかし、Windows8を使い始めて初めての大事件が発生してしまったのです。

ちょっと、DVDでも観てみようかなとDVDドライブにディスクを入れエクスプローラーのコンピューターを開きクリックしようとしたらそのドライブが無い??

ディバイスマネージャーにはドライブ自体は認識しているみたいだがあのエラー警告「!」マークが。プロパティで確認すると「ドライバが壊れているか、ドライバがない可能性があります ドライブエラー(コード39)」と書いてある。でも、ドライバーは正常に作動していますとのこと。んん~(-"-;)

さっきまで普通に使えていたはず。なんだろうこの現象、Windows8特有のバグなのか?さっそく検索してみる。するとWindows8特有ではなくXP、Vista、7でも同じ現象で困っていた人たちがいたよう。

Windows8では以前のOSからアップグレードしたらドライブが消えてしまったというのが多いようだ。なんだろう、自分の場合は朝にはあったのに午後には消えてしまったパターン。

今使っているドライブは内蔵型DVDスーパーマルチドライブとUSB外付けブルーレイ・スーパーマルチドライブの2つ。どちらもエラー・コード39
。とりあえず、USBを繋ぎ直すがまるで状況は変わらない。

これはもうUSBとか関係ないと直感。内蔵型DVDドライブも電源を落としから一旦外し起動、そして再び電源を落として繋ぎ直して起動してみるがダメ・・・

「システムの復元」の存在を思い出し、まだドライブがあった頃のときのポイントに戻してみた。しかし、ドライブは姿を見せず・・・。そういえば、今までこの「システムの復元」を試した機会は多々あるが何かが改善された記憶は一度もない。(-"-;)

なんだかよくわからない状態のときMicrosoftのHPで「Fix it」をかけると問題の解決法が見つかる可能性があるという。さっそくやってみたが、解決できなかった・・・

このあたりで「ダウングレード」という選択肢も考えなくてはならなくなったのです。非常にブルーな気分。

リカバリーしたら直ったという報告も見つけていたが、リカバリーして戻ったとしても原因が判明していない以上、またこの症状に陥ってしまう可能性もある。Vista、7、XPでもドライブが消えてしまう事態は起きていない。

だったら、いっそWindows7に戻してみようか?でも、Windows8にけつこう名残を感じる。できたらこのまま使い続けたいのに・・・一応、事前にReflectでWindows7とWindows8のインストールしたてのディスクイメージを作ってはいた。(今までの経験上、こんな事もあろうかと用意周到にしています)

一度Windows8を入れた状態に戻して、それでまた同じことが起こったらWindows7にダウングレードという方針で。気分はなんだか敗北感でいっぱいでした。

ただ、まだ状況改善の秘策は残されていました。それは禁断領域レジストリをいじくること。はじめ、そこまでするならリカバリーでいいと思ってましたが、失敗してもどうせ入れ直すのだからやってみようじゃないかと思いました。

参考にさせてもらったサイトさんです。Windows8でのDVDドライブが消えた時の対処法が紹介してあります。詳しくはそちらで読んでください。

http://yotsugane.wordpress.com/2012/03/20/

コマンドプロンプトを使い、2つとも試してみましたが私の場合は改善されませんでした。Windows8での解決方法は閉ざされてみたようです・・・

そんな最中、「Fix it」を試したマイクロソフトのサポートページの下の方にVista版とXP版の解決方法も載ってました。

http://support.microsoft.com/kb/314060/ja

OSは違うが2つとも同じ所をいじっているよう。もしかしたら、8でも同じなのか?とにかく、もう手段はこれしか残っていない。ダメもと、regeditで覗いてみることに。

Windows8で「regedit」を使う方法

[スタート画面]から右クリック。[すべてのアプリ]をクリック。Windows
システムツールの[ファイル名を指定して実行] を起こして「regedit」と入力。(画面の左下にポインタを持って行って右クリックのメニューにもあります)

すると、同じアドレスがありました。[UpperFilters]と[LowerFilters]というのを削除するらしいのですが、ここには[LowerFilters]しか存在してません。やっぱり、Windows8とはやり方が違うのだろうか?(@@;)

他のホルダーにも[UpperFilters]と[LowerFilters]は存在していた。でも、それらはなにか関係無さそうだ。やはり、{4D36E965-E325-
11CE-BFC1-08002BE10318}の[LowerFilters]が怪しい。

なぜなら、データのところに「dvdfab」とあるからだ。確かに、ブルーレイを観るために「DVDFab Passkey」というソフトを入れた。これはまさにドライブに関係しているソフト。かなり怪しい。もうこれを消してみるしか他に方法がない。

これが失敗したら再インストール。まさに、刑事ドラマとかで時限爆弾の2本のリード線のどちらかを切れば大爆発するか助かるか、まさにそんな心境でした。

腹をくくり[LowerFilters]を右クリック、削除。そして、再起動。起動後[Windows ロゴ・キー]+Eでコンピュータを開きドライブがあるかどうか確認・・・

「おー!あった!!」\(^o^)/

思わず歓喜の声を上げてしまいました(笑)。助かった、これで面倒で憂鬱な作業はしなくてもすんだ。このままWindows8で行きまっせ~!



テーマ: パソコンな日々 ジャンル: コンピュータ
Windows 8 Newマシン購入



今まで使っていたメインPCはVista。世間的にはVistaはあまり評判は良くないみたいでしたが私的にはどっしりとしていて安定感を感じ特に不満はなかった。OSはノートPCの2台はXPとWindows7とが入っているが自分の中ではVistaが一番しっくりときていた。

しかし、最近どっしりにもっさり感も加わってきたような気が・・・とにかく起動が遅い。起動時間を測ってみるとディスクトップが表示されるまで1分5秒。エクスプローラーがスムーズに開ける状態まで3分50秒。これはやはり遅すぎるだろう(汗)。シャットダウンは約1分。

Vistaマシンを使い始めて、もう5年経つ。PCの技術向上はめまぐるしい。5年前とは違う世界になってしまっているに違いない。引越しも無事終わった。これを機にPC環境も引越ししてみようと思い立ったのです。

そこで、またドスパラ通販でカスタムマシンを購入することに。いちおう、DTMと2D、3DCGなどクリエイティブなこともしているのでどうせ買い換えるのならばハイエンドに近いパワーマシンにしたいところ。

ドスパラのHPでクリエーター向けパソコンで物色。予算は10万円以内で探してみたらケースがATXのRaytrek LFというのがちょうどいいぐらいに思えた。PCの中をいじるときにマイクロATXサイズだと、結構コードが邪魔になって作業がはかどらないのです。それに、大きいほうが静音性、冷却性ともに良いはず。

さっそく、BTOパソコンの醍醐味、カスタマイズを考える。

プリマウントのCPUはインテルCore i5-3570K。これをCore i7-
3770に変更。このCPUはコアが4つ載っていてHT対応していると。HTとはHyper-Threadingの略で一個のコアが半分づつ別な処理をさせることができるという技術らしいですね。ようするに、見た目は1つでもCPU8個分の働きをしてくれることになる。すごい。

Core i7-3770Kという物の方が新しいよう。K付きの方はオーバークロックがしやすいそう(4.3GHzぐらいまで上げられるとか)。3.4GHzもあれば十分だろうしオーバークロックってなんだか壊れそうなイメージがあり、おそらくしないと思うのでK無しの方で。

さて、OS。気づけば今年からはWindows 8の時代に突入していた。せっかくだから使ってみたいと思ったけど、何か評判が良くないよう?

Windows 7でもいいのだけれど今Windows 8を受け入れられなければ今後OSを新しくすることができなくなる気がする。とはいえ、使い心地が悪いとうわさが気になるところ。今だとWindows 7マシンを購入すると優待販売でWindows 8 Proを¥1,200で手に入れられるそう。

そこで、まずWindows 7 Home Premium(64bit)を入れてもらってすかさずWindows 8 Proにアップグレードする。そして、そこまで酷いようだったらWindows 7に戻そうという方向で。

メモリは16GB無料アップグレードだそうで16GBにしてもらうことに。載せられるメモリの上限がHome Premium(64bit)は16GBまでのよう。Professional以上では192GBまで。Windows 8 Proも192GB。 (でも実際はそこまで詰めることは現状では不可能)

もしかしてHome Premiumを使うことになるかもしれないし16GBもあれば十分だと思うし、それ以上はメモリがもっと安くなったら考えよう。

OSインストールドライブはHDDではなくSSDを使ってみることに。SSDとはHDDのように円形のディスクを回転させる方式ではなくメモリの集合体のようなもので反応速度はHDDより2倍近く速くなるという。

しかも、音もせず熱くもならない。HDDより故障リスクが少なく寿命が長い。まるでメリットだらけだ。今までいくつのHDDが使えなくなっただろうか?その時は突然やってくる。いつもバックアップはこまめにしているが壊れにくいに越したことはない。

デメリットは大容量化が難しくHDDに比べまだ割高。パーティション分けは出来ないよう。でも、OSインストールドライブはそんなに大きくなくて構わない。将来メモリを64GBにしようとするときOSインストールドライブは180GB以上必要のようなのでインテルのSSD180GBを選択。

グラフィックカードはNVIDIA Quadro 600というもの。GeForceがゲーム向けであればQuadroはCADや3DCG制作などに向いているという。私はゲームをしないがCGはするのでQuadroを使ってみることに。

Quadro 600より2000の方が性能がいいらしいようですが、それでプラス4万円とはちょっと予算がキビしい。600でも今のVistaマシンより格段に性能がいいだろう。

結局、元は¥89,980のモデルが静音化と電源交換となんだかんだと合計12万円也。予算オーバーしてしまったが最低でも5年は使うだろうしその価値はあるだろう。

PCが手元に届き、休日にWindows 8 Proを入手しようとアップグレード・キャンペーンのページに行ってみる。色々必要事項を入力することとなる。すると、優待価格¥1,200のはずなのに¥3,300となっている?? 1,200円なら入れてみよう思ったが3,300円となるとなんだか少しためらう。f(^^;)

どうやら、支払いを確定するときメールで届いていたプロモーションコードを入力すると2,100円引かれて1,200円になるらしく一安心。

そして、Windows 7 Home PremiumからWindows 8 Pro(64bit)へのアップグレードが無事終了。


機種 Prime Raytrek LF
マザーボード ASRock H77 Pro4/MVP(H77 1155 DDR3 ATX frontUSB3)
CPU Intel Core i7-3770 (1155/3.4GB/8M/C4/T8)
メモリ Samsung M378B5273DH0-CK0(DDR3 PC3-12800 4GB) x4
グラフィックカード ELSA EQ600-1GEBUW(Quadro 600 1G DDR3 1D1P Bulk)
OS Windows 8 Pro (64bit) 







気になるエクスペリエンス。Windows8では9.9が満点のようですね。結果は愕然の6.5・・・。そうなのか、せっかくQuadroが載っているマシンを選んだのにこれぐらいの評価なのか。CPUはもっとクロック数が速くて性能のいいものがあるので納得できる。メモリもそれに追随しそう。

気になるのはプライマリ ディスクだ。SSDをSATA 6Gb/sで繋いでいるのに8.1ということ。これ以上のハイエンドが存在するのだろうか?一体、Windows8のエクスペリエンスを満点にできるマシンとはどのようなものなのだろう・・・(時代の先を見越しているということなのだろうか?)

でも、まあ自分的には十分性能アップしている感覚を得ているので満足な買い物でした、あはは。(6.5、何かの間違いであって欲しい・・・-"-;)



テーマ: パソコンな日々 ジャンル: コンピュータ
ノートPCの青みがかった画面、解決



私の使っているセカンド・マシンのノートPCは2011年7月にドスパラで購入したPrime Noto Rigel DC2というもの。しかしこのPC、何故か画面が青っぽい。気のせいではなく絶対青っぽい。

立ち上げる時、グラフィックのプロパティーのところから「インテル グラフィック/メディア コントロール・パネル」というのを開いてディスプレイの色調整で青の明るさをぐぐと下げるとちょうど良い感じになるのです。

しかし、何故かPCを再起動させるとその設定が保持されておらず、またその面倒な作業をしなくてはならないのです。(-"-;)

長い間諦めていたのですが、一度その設定がリセットされる問題の解決方法を探すことにしました。ググってみると似たような症状で解決された方もいるようでした。

どうやら、「インテル グラフィック/メディア コントロール・パネル」の起動後に、そのPCにインストールされているディスプレイ・コントロールのアプリが起動して設定をリセットしてしまっているようなのです。

それはPCのメーカーごとに違うアプリのようです。もしかしたら私のPCにもそういうものが入っているかもしれないと推測されました。とは言っても、そんなソフト入れた覚えもないし使った記憶もない。とりあえず、探してみることにしました。

とはいってもどうやって探そう・・・仕方ないのでとりあえずスタートボタンから「すべてのプログラム」に表示されるアプリを1つずつ確認していくことにしました。

そうすると、「Program DJ」という見慣れないフォルダをみつけました。開いてみるとそこに「Wow Video & Wow Audio」というフォルダが。そこのWow Videoというアプリを立ち上げると色合いの変更が出来るではありませんか!

試しに再起動したら設定は維持されたままでした。めでたしめでたし。

「インテル グラフィック/メディア コントロール・パネル」を覗いてみたところ、いつもリセットされていた色の調整のところが変化していました。どうやら、Wow Videoが「インテル グラフィック/メディア コントロール・パネル」を牛耳っていたようです。

いちおう、このノートPCのエクスペリエンスも載せておきたいと思います。







非力ではありますが、ノートPCは軽くてスタジオで音声を録音さえ出来ればいいぐらいで考えていたのでOKです。私の場合、メインPCはやっぱりディスクトップ・マシーンじゃなければだめですね。

このノートPC、現在はフルセグチューナーを着けてTV代わりにすることの方が多くなりました。青みが取れて本当に良かった。


テーマ: パソコンな日々 ジャンル: コンピュータ
カテゴリ
ini-T MUSIC SKY
プロフィール