Roland  STUDIO-CAPTURE  UA-1610、買っちゃった



最近はDTMで録音するときにMTRの併用もしないで2イン2アウトのUA-25だけで作業をするのはけっこう億劫なものになっていました。また、何もしていない時のノイズも何だかもううんざり(-"-;)。やはり、気になるのは16イン10アウトのRoland  STUDIO-CAPTURE  UA-1610。

しかし、価格的には10万円近くもする。はじめはオーディオ・インターフェイスに10万円も出そうなどと考えもしなかったのですが、やはり自分にはそれぐらいの価値があるような気もして来ていました。

昨日の朝方、ネットで探してみたらあまり値段の変動はなくほとんど定価での販売みたいでした。一般家電とは違いそんなに需要があるわけではないのでそうなんでしょう。

そんな中、池部楽器のDJ機材専門店で「決算セール特価!」というのをやっていてUA-1610を残り1台限りの\89,800(税込、送料無料)で売り出しているのを見つけました。

定価より1万円も安い、もうそれで十分納得できる。一度、試聴してみたかったが今はそのような事のできる環境ではない。Rolandの最上機だということを信じよう。このまま、いつまでも先延ばししていても仕方ない。私には必要なものなのだ。いつか買つもりならば今買ってしまえばいい。そう思い立ち、一括払いで注文しておきました。

そして、今日届いてしまいました。早い。(@o@;)


Roland STUDIO-CAPTURE UA-1610

おお、新品のRoland  STUDIO-CAPTURE  UA-1610。
Windows8対応シールが張ってあります。




おお、中身も新品(当たり前ですな^^;)。思っていたより大きかったです。




付属のラック・マウント・アングルという金具を付ければラック・ケースにもセッティングできる訳ですな。




早速、ドライバーをインストールしてPCにつないで音を聴いてみるとUA-25より断然音が良いような気がします。何と言ってもノイズがホントに少ない。まあ、UA-25が特異だったのかもしれません。

UA-25では何もしない状態でも「ブー」というノイズが常に鳴っていて、ゲインなどしなくてはいけないとき隠し切れないものになってしまうのが悩みの種でした。ノイズゲートを強くかけ過ぎると元の音声がひしゃげちゃうし。(-"-;)

あと、UA-1610で一番感心するのはAUTO-SENSという機能です。例えば、この機能をオンにしてギターを強めにじゃらんと鳴らすだけでその楽器の最適な音量を自動的に設定してくれるというものです。とても簡単ですぐ終わるので驚きです。これによって未然にクリップを大幅に防げそうです。

今までは、アナログなツマミを回したりして感覚でやらなくれはならなかったのです。また、せっかくいい具合に調節しておいても知らぬ間に左右のつまみのどちらかが動いていたのをあとで気づいて録音をやり直しするはめになることも多々ありました。

UA-1610ではデジタル管理で特にステレオ入力ではこのような心配ありません。細かい設定もPC上から管理出来ます。




裏側はすでにこのような状態です(笑)。私はプラグイン・シンセより外部MIDI機をメインで使っているので入力端子が多いとありがたいです。まだ、余裕があります。ちなみに2台繋ぐと32イン18アウトまで扱えるようになるようですね。私は16インで十分です。

UA-25ではPC内に入るとき楽器一つしか持って入れなかった感じですが、UA-1610では全部抱えて入れるような感じで余計なことに気を取られず作業が出来そうで楽しみです。

このUA-1610はオーディオ・インターフェイスでもあるが16chミキサーも兼ねるのです。普通にオーディオ・インターフェイスとMTRを別個に買っても10万ぐらいするでしょうし、やはり自分には妥当な買い物でした(と、自分に言い聞かす^^;)。

まあ、探せば他にも多イン多アウトのインターフェイスは色々あったのかもしれませんがUA-1610を使ってしまえば他に安いのがあってもこっちを選ぶと思います(と、自分に言い聞かす^^;)。

ちなみに、UA-1610という名称は16(イン)10(アウト)だからみたいですね。そう言われればそうなんですが、昨日気づきました。




お役目ご苦労、UA-25。と言っても壊れたわけでもないし、今後はテレビ代わりのノートPCにでも使ってみることにします。


スポンサーサイト
テーマ: DTM ジャンル: 音楽
SONAR X2の再インストール、その2



SONAR X2を再インストールした後、プラグイン・エフェクターでコーラスをかけようとCakewalkのフォルダを開いたら中に入っていたのは「Analyst」というのが一つだけしか入っていませんでした。

そういえば、SONAR X2を再インストールするとき、標準の「推奨するコンポーネント、およびインストール先にインストール」を選択していたのです。そのとき、Cakewalkのプラグイン・エフェクターが含まれてなかったようです。

シンプルだけど何かと使えるCakewalkのエフェクター、やっぱり入れておきたい。Guitar Rigも後から入れられたし、同じ手順で追加してみることにしました。




入れようとしているエフェクターは32bitなので始めから32ビット版でインストールすることに。SONAR X2は64bit版で入れてありますが32ビットのプラグインも扱えます。




前回同様、カスタムを選択。




いったん、プログラム・ファイルを含めインストールするコンテンツの全てを選択解除する。




入れてなかったプラグイン・エフェクターを選択してインストールを完了させます。




Cakewalkのフォルダの中に従来の馴染みのあるエフェクターが追加されました。

推奨するコンポーネントに含まれていなということは、当然他に代わりになるようなエフェクターが入っているのだろうと探してみたのですがコーラスと名の付いたものは見つけられませんでした。

中には設定次第でコーラスのような効果を得られるエフェクターもあったのかもしれませんが、シンプル・イズ・ベストです。



テーマ: DTM ジャンル: 音楽
Shade 3D ver.14 発表



Shadeのヴァージョン・アップは今年もないと思っていたのですが、今日イーフロント社から『最新バージョン「Shade 3D ver.14」が2013年7月25日(木)に発売されます。とメールで届いてました。

そうだったのか。Shade13にアップグレードして、まだ3ヶ月。事前に判っていれば4ヶ月ぐらい待てたのですけれど。まだまだ、新機能など試しきれていません。ちょっと、今回はまだ早すぎると思うので見送ることにします。f(^^;)

なんか、名称表示が今までと変更されたようですね。あと、今回から同じアプリケーションでWindowsとMacどちらにも使えるようになったみたいです。


テーマ: CG ジャンル: 日記
SONAR X2の再インストール

4月の未知なるトラブル発生のおかげでSONAR X2を再インストールするはめになりました。SONAR X2はX1からのアップグレードですが、べつにX1をインストールしておく必要などありません。ですので、X2だけインストールしていたのです。

ただ、気になっていたのはプラグイン・エフェクターのギターアンプ・シュミレーターです。SONAR X1にはNative Instruments Guitar Rig 4 LEと言うのが入っていたのですが、X2ではTH2というものに変更されていました。

せっかく、SONAR X1も持っているのでGuitar Rig 4 LEだけインストール出来ないかなと試してみたらできましたので、その模様をレポートしてみたいと思います。




SONAR X1のインストール方法は、カスタムを選択。




いったん、プログラム・ファイルを含めインストールするコンテンツの全てを選択解除します。




Guitar Rig 4LEだけ選択してインストールを完了させます。




SONAR X2を起ち上げ確認するとGuitar Rig 4が使えるようになりました。これでX1本体はインストールされずにGuitar Rig 4だけインストールの成功です。

もちろんTH2も入ってます。いずれ、Guitar Rig 4とTH2の比較などしてみたいですね。


テーマ: DTM ジャンル: 音楽
カテゴリ
ini-T MUSIC SKY
プロフィール