Windows8.1導入後のトラブル



もう解決したのですが実はWindows8.1にアップデート後、大きなトラブルが発生していました。Internet Explorer11を起ち上げようとすると、すぐさま「Internet Explorer は動作を停止しました」とエラーが出てIEがフリーズしてしまうのでした。

なにかアップデートでしくじってしまったのか?とりあえず、インストールしていたChromeで色々探してみたのですがWin8.1を入れて同じような状態になった事例は確認できませんでした。

一度アンインストールして再インストールでもしたら改善できるのかと思ったのですがIE11はWindows8.1のシステムの一部でIE11のみをアンインストールすることは出来ないようでした。

それゆえ、Windows8.1にはInternet ExplorerはIE10以下を入れることは不可能で今のところIE11しか使えないのです。





アンインストール的なことはコントロールパネルから「プログラムと機能」の左側の「Windowsの機能の有効化または無効化」からIE11を無効化出来るようです。試しに無効化した後に有効化に戻してみました。(再起動する必要があります)

これでも改善しませんでした。一応、モダンUIの方のIE11は起動できていたのでそちらから設定の変更が出来るのではないかと起ち上げようとするとディスクトップの方のIEが起ち上がってしまうのでした。

どうやら、モダンUI版のIEはIEを既定のプラウザにしておかないと使えないらしいのです。IEが起動できない以上、既定のプラウザに設定できない。(- -;)

ここは一つ、IEを使うことを断念して他を使うことになるかもしれないとFireFoxをダウンロードしておいてChromeをアンインストール。IEを既定のプラウザに戻してモダンUI版のIE11を起ち上げると、

お使いのコンピューターを保護するためInternet ExplorerはこのWebページを閉じました。

正しく機能しないアドオンまたは悪意のあるアドオンが存在するため、Internet ExplorerはこのWebページを閉じました。

詳細情報

Windowsデータ実行防止機能によって、システム メモリを誤って使おうとしたアドオンが検出されました。正しく機能しないアドオンや悪意のあるアドオンである可能性があります。


と言うふうに表示されネットには繋がりませんでした。

アドオンの設定をし直せば改善出来そうではあるのですがディスクトップ版は起ち上がらないので出来そうもない。モダンUI版から設定とか出来るのかなと調べてみるとモダンUI版でもIEを起ち上げている時にチャームの「設定」からできることを知りました。

ただ、モダンUI版ではアドオンの設定までは出来ないので、6つ指定しておいたホームを一つにして再起動させましたが改善しませんでした。

もうIEは諦めることにしました。いつの日かIE12が出来たら使えるようになるかもしれない。とりあえず、ChromeかFireFoxのどちらか。私にとって一番ブラウザに求めたいのは左サイドに「お気に入り」を常に表示させて置けるかです。

もちろん、お気に入りサイトに素早くアクセス出来るというのもありますが、それ以上に見やすくなるというのも重要なのです。

左から右に書いていく言語では文字が左寄りに集中してしまいます。フルHDサイズの画面で左寄りになるとずっと左向きになってしまうので疲れるのです。「お気に入り」を表示させておくことで少しでも真ん中の方に近づけておきたいのですよ。

Chromeでは拡張機能を使えば似たことが出来るようですがなんか違う。FireFoxはCtrl+BでIEと同じ様に表示できる。表示させたり消したりが楽。最新版ではウィンドウのバーが狭く画面も広く感じる、これはもうFireFoxに決まりだ。

翌日、朝PCを起動しIE11をクリックしてみると何事もなかったように起ち上がりました。あんなに時間を取られたというのに・・・いったい何だったんでしょう(-"-;)。でも、結果オーライ。やはりIEに慣れてしまっている以上このままIE11を使うことにします。

あと、ホームページ・ビルダー11ですが前にこのブログでWin8でもタスクマネージャーからサービスのHomeGroup Providerを停止させれば使えると書きました。

Win8では一度そのサービスを停止させれば再起動後も停止されたままでしたがWin8.1では再起動後には実行中に戻ってしまうようです。ホームページ・ビルダーを起ち上げる度に停止させないといけなくなったのが少々面倒になりました。でもまだ使い続けると思います。



- 12/1 追記 -


Windows8.1でHomeGroup Providerを常に停止させておく手段が解りました。





タスク マネージャーを開いて「HomeGroup Provider」の項目を右クリックして「サービス管理ツールを開く」をクリック。「サービス」のウィンドウが開いたら「HomeGroup Provider」の項目を右クリックして「プロパティ」を開く。





そこで、「スタートアップの種類」の項目から「無効」を選択するとPCを再起動しても「HomeGroup Provider」は停止したままになります。ホームグループを構成しなくても私的には不都合ありません。これでストレス無くホームページ・ビルダー11をまだ使い続けられます。



2015年2月21日追記


うちは大丈夫なのですが、何だか世界的にIE11の不具合が発生しているようです。セキュリティーソフトがらみのようです。それについての対応策がYahoo!知恵袋で回答されているようです。心当たりのある方は一度読んでみた方がいいかもしれません。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11142249661


スポンサーサイト
テーマ: パソコンな日々 ジャンル: コンピュータ
Windows 8.1 入れてみた



OSは進化していくもの。その流れに乗ってみようと昨日Windows8.1にアップデートしてみました。








まず、モダンUIからストアに入って3.63GB分のデータのダウンロードをします。その間、普通にPC操作していてもOKだそうです。





ダウンロード完了まで1時間ちょっと程かかりました。けっこう、時間かかりますね。





いよいよ、インストール開始です。15分ほどの執行猶予時間が与えられています。(笑)

30分ぐらいでWindows8.1のインストールが終了し、ネットワークやら何やらの設定が待っています。全て終わるとWindows8.1が起ち上がりました。





ディスクトップ左下にはスタートボタンが表示されています。しかし、これはWindows7までの慣れ親しんだものではなく、クリックするとモダンUIと入れ替わります。でも、クリックするべき領域がビジブルであるというのはなんか安心しますね(笑)。

今までは右下の見えない的をクリックするのが億劫でキーボードのWindowsロゴ・キーで切り替えていました。





あと、嬉しいのがスタートボタンを右クリックのメニューにシャットダウンが追加されていることですね。今までは電源を切る時、画面右上にポインタを持っていってチャームを表示させてから「設定」を目指すのですがけっこう距離があるのでたまにしくじったりするのですよね。(^^;)

今後はスタートボタンを右クリックで的確にシャットダウンに導けます。Win8.1では右下からもチャームを表示できるようになりました。下から行けるので「設定」までの距離も縮まりましたね。でも、こちらは使うことないと思いますけど。

マルチディスプレイではサブモニターにもスタートボタンとチャームが表示されるようになりました。サブモニターで電源を切ったりモダンUIを表示させるのも楽にできます、これは便利。

Windows8.1にアップデートしてみてやはりPOSER9は起ち上がらなくなりましたが、他ものは問題なく起動できるようです。8.1にして何か格段に性能が上がったとかの実感はまだありませんが、スタートボタンが付いたことは間違いなく喜ばしいことだと思います。

それと、Windows7まであったコンピュータ・ショートカットと同じ様な役割の「PC」というアイコンがタスクバーに存在するようになりました。もうWinキー+Eをしなくてもいいわけです。

はじめ、壁紙が無くなっていたのですが、しばらく放っていたら復活してました。



テーマ: パソコンな日々 ジャンル: コンピュータ
Windows 8.1 のお誘い



昨日、PCを起ち上げるとスタート画面で「Windows 8.1(無料)に更新する」という表示が出ました。






とりあえず、まだいいやと思ってキャンセルしようと思ったらそんな選択肢は無いよう。ESCキーを押してもダメ。なんだかマルウェアチックに強引にストアにアクセスさせられたような気分です。(- -;)

Windows 8.1がリリースされていましたがまだインストールしていませんでした。その理由はWindows8で動いていたアプリーケーションでも8.1だと動かないものがあるようなのです。

POSER9というソフトを持っているのですが、先日イーフロント社からのお知らせでPoser9とPoser Pro2012はどうやらWindows 8.1では起ち上がらないようなのです。この件については次期バージョンで対応するらしく今後の対応の予定は無いそう。

そんなに使用頻度も高くないのですが、まったく使えなくなるともったいない。そんな理由でためらっていました。

自分の使っているWindows 8で問題なく使えている主要なアプリケーションの対応状況を確認してみました。


Windows(R) 8.1 64 ビット版対応状況
製品名 対応 メーカーのコメント
オーディオ・インターフェース  
STUDIO-CAPTURE (UA-1610) 対応ドライバを公開
UA-25 対応ドライバを公開
     
MIDI インターフェース  
UM-3G 対応ドライバを公開
     
音楽ソフト  
SONAR X2 PRODUCER MPEG1 ファイルをインポートしても環境によってビデオが表示されないことがあります
Band-in-a-Box 19 - 不明
Band-in-a-Box 20 X 対応していない (持ってないけど参考に) 
Band-in-a-Box 21 - 確認中 (持ってないけど参考に) 
     
CGソフト  
Shade 13 Professional アップデータで対応しています。
Shade ドリームハウス アップデータで対応しています。
Vue 6 Infinite - 不明
ArtRage 3 - 不明
POSER 9 X 起動不可、次期バージョンで対応
GIMP 2.8 - 不明 (おそらく大丈夫)
SAI - 不明 (おそらく大丈夫)


こうしてみるとWindows8で動いていたものはほとんど8.1でも動くと思えるのですが、まだ確定していないのもあるようです。

SONAR X2は動画関連で問題あるようですが、まずその機能を使うことが無いと思われるので大丈夫。しかし、もうSONAR X3と言うのが出ているのですね。いや~、当分X2のままで構いません。

Band-in-a-Box 19はWindows8でも使えていますが、次のバージョンであるBand-in-a-Box 20はWindows8には対応していないそう。不思議な現象です。当面は19で不都合はないです。

確実に使えなくなるのはPOSER 9ぐらいでしょうか。やはり8.1にしてみたいなぁ。一つのソフトのために留まってもいたくない。ここはひとつReflectでWindows8のディスク・イメージのバックアップを取っておいて、8.1で問題があったら8に戻すという方針で考えてみようかなと思います。





~2014.1.19追記~ Windows 8.1 64 ビット版対応状況 



Windows 8.1にアップデート後のアプリケーションの対応状況を追記しておきたいと思います。


Windows(R) 8.1 64 ビット版対応状況
製品名 対応 状況
オーディオ・インターフェース  
STUDIO-CAPTURE (UA-1610) Win8.1用アップデータで対応
UA-25 - 使用していないので未確認
     
MIDI インターフェース  
UM-3G Win8.1用アップデータで対応
     
音楽ソフト  
SONAR X2 PRODUCER 特に問題なし
Miroslav Philharmonik 特に問題なし
VOCALOID 特に問題なし
Band-in-a-Box 19 特に問題なし
   
CGソフト  
Shade 13 Professional 特に問題なし
Shade ドリームハウス 特に問題なし
Vue 6 Infinite 特に問題なし
ArtRage 3 特に問題なし
POSER 9 Win8.1用アップデータで対応
GIMP 2.8 特に問題なし
SAI 特に問題なし





テーマ: パソコンな日々 ジャンル: コンピュータ
カテゴリ
ini-T MUSIC SKY
プロフィール