ロック式ギター



今回はギターの話題として弦の張替えついでに「ロック式ギター」の紹介をしてみたいと思います。



SCHECTER LOS ANGELES,CALIFORNIA USA
NJ-WHT


今、私が所有しているロック式のギターはSCHECTERのNJ-WHTというものです。見た目はストラト型。





ヘッド部にSCHECTER LOS ANGELES,CALIFORNIA USAの刻印。フロムUSAですね。このギターは中古で購入したものですが、カタログなども見つけられず材質やピックアップなどの詳しいことは不明です。よく分からずとも音が気に入ったのでした。

見た目でネックはメイプルでしょうね。





ボディ部。塗装もしてあるし材質は重さとUSA物なのでアルダーと推定。ライトアッシュのFender American Standardのストラトより重いです。

さて、ここで言う「ロック式」と言うのは音楽のジャンルとしてのロックに向いているという意味ではなく「固定する」という意味です。

弦をナットとブリッジでがっちりと固定する「フロイド・ローズ」というトレモロ・ユニットを載せているギターのことを通称「ロック式ギター」と言います。





ネック部はナットのところで六角レンチで弦を固定します。








ブリッジのところは通常弦を固定するために存在しているボールエンドをニッパーで切断してレンチで固定します。弦をがっちりとロックすることでハードな演奏をしてもチューニングが狂いにくくなります。

まあ、このロック式ギターはまずハードロック志向のプレーヤー以外が使うことはほとんどないので「ハードロック式」といってもいいかもしれませんね。(笑)

ここで「弦をがっちり固定してしまったらどうやってチューニングするの?」と思われると思います。





ロックしてしまっても音程の微調整が出来るような仕掛けがあります。このネジ(ファイン・チューナー)を回すことによって各コマの角度を変えて弦を引っ張ったり緩めたりすることで若干の音程調節が出来るようになっています。

しかし、このネジで調節できる音程はせいぜい全音ぐらいの幅です。ですので、ロックしてしまう前に全音以内の調節で済むぐらいに入念にチューニングしておく必要があります。

でも、一度うまくチューニングできれば次に弦を交換するまでロックを外す必要はまずありません。それぐらいチューニングが狂いにくくなります。






さて、今回の弦交換です。私は普段エレキギターにはD'Addarioの.011-.049のセットのEXL115を使用しています。

このギターにも.011-.049のセットを張っていたのですがさすがにフロイド・ローズに.011-.049だと張力が半端ありません(以前はそれで良かったのですが)。そこで、ワンランク細い.010-.046のセットのEXL110に変えてみることにしました。

せっかく替えるのならば.011-.049のセットで録音しておいて.010-.046のセットと聴き比べてみようかなと思いました。





Em7のワンコードをありがちなリフのバッキングにアドリブを乗せてみることにしました。ドラムとベースはSONAR X2のプラグイン・シンセのSessionDrummer 3とSI-Bass Guitarを使用してみました。

ギターはSONAR付属のアンプシュミレーターを使ってみようとも思ったのですが歪ませた事をイメージしてクリーントーンで弾くというのがどうも調子が狂ってしまうのでやはり使い慣れたLINE6 POD xt Liveで録音しました。



 D'AddarioのEXL115とEXL110の聴き比べ

 Em7のアドリブ(レギュラーチューニング)







 使用楽器:
 SCHECTER LOS ANGELES,CALIFORNIA USA NJ-WHT
 使用アンプ:LINE6 POD xt Live

 演奏時間:40秒
 録音日:2013年12月31日
  


出だしはDからEへのチョーキングで始めることだけ決めておいて、あとはアドリブなので同じフレーズにはなりませんね。EXL115ではアームを使うのを忘れていたのでEXL110では忘れずに使ってみました。

EXL115(.011-.049のセット)が2年ほど変えていなかったのでぼやけて聞こえますね。EXL110(.010-.046のセット)の方が替えたばかりで輪郭がきっちりしています。結局、今回の音の大きな違いは弦の太さではなく古いか新しいかとなってしまったかも知れません。(^^;)

でも個人的には.011-.049のセットの音の方が好みです。なんかスクリームのハリがいいんですよねぇ。アーム付きにはEXL110を使うことにしますがGibsonのレスポールとSGにはEXL115を使い続けると思います。





ちなみに、.010-.046のセットでもフローティングを支えるスプリングは4本でないとキツイです。まあフロイト・ローズは.009のセットを使うことが前提となっているのが一般的ですから私のように無理して太い弦を張っているのは少数派かも知れません。(^^;)


それでは良い年越しを!



スポンサーサイト
テーマ: 楽器 ジャンル: 音楽
Poser 9のWin8.1対応パッチ



今日、イーフロンティア社からお知らせメールが届いてました。


Poser/Poser Pro登録ユーザー各位

 Poser 9 Service Release (SR3.2)配布についてのお知らせ

平素はPoserシリーズをご愛用いただき、誠にありがとうございます。

先日、Windows 8.1環境でPoser 9/Poser Pro 2012が起動しない問題についてご案内いたしました。ご不便をおかけしておりましたが、Poser 9については、Windows 8.1、あるいはInternet Explorer 11にアップデートしたWindows 7で起動できない問題に対処した製品アップデートを公開いたしましたので、ご案内を差し上げます。

Poser Pro 2012のアップデートについては、現在のところ提供時期をご案内することができません。準備が整いましたら、別途ご案内を差し上げる予定です。ご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申しあげます。



どうやらPoser 9が起動出来ない現象はIE11が関係していたみたいですね。早速、「Poser 9日本語版 Service Release 3.2(SR3.2)」をダウンロードしてアップデートしてみたら起動しなかったPoser9が無事に起ち上がりました。

当初、「Poser 9/Poser Pro 2012」についてはWindows8.1への対応の予定がないとのことでしたが、なんとかしてもらえたようです。せっかく購入したものなので使えるものなら助かります。

これで今のところWindows8で動いていた自分が使っていたソフトとデバイスはすべて8.1でも使えていることになります。ホッ。



テーマ: CG ジャンル: 日記
カテゴリ
ini-T MUSIC SKY
プロフィール