iOS 7.0.4 アップデート



iPhoneの新OSのiOS 7.0.4がリリースされたのは去年の11月だったでしょうか。なんだか必然性も感じていなくインストールするのが億劫でまだ入れてませんでした。

いよいよ本日iPhone 5をアップデートしてみることにしました。





iOS 6.1.4のスタート画面。設定のところに一つ長らくアップデートされていない項目があります。






「ソフトウェアアップデート」の項目。iOS 7.0.4のサイズは1.2GBと大きので「このアップデートをダウンロードするにはWi-Fiネットワーク接続が必要です。」とのこと。

しかし、我が家にはWi-Fi環境がないのでiTunes経由でダウンロードすることにしました。





PCにUSB接続してiTunesを起ち上げるとさっそくOSの更新の催促が。信頼関係も出来ていないのにいきなり本名の下の名前を呼び捨てで催促されると何だか馴れ馴れしいなとか思ってしまうのは日本人の悪いところなのでしょうか?(^^;)





あと4分とかでてましたが結局20分近くかかってたと思います。1.2GB分だから仕方ないですが。

しかし、iTunesは窓の境界が分かり難くてついうっかり後ろの違うウィンドウをクリックしてしまうことが多々あるのは私だけ?(^^;)





キャリア設定の更新プログラムも更新すると自動的に再起動され少し待つ。





あれ、起ち上がったロック画面には何も表示されてない?いや、下に薄っすらと「slide to set up」の文字が。






スライドでロック解除をすると少々設定事項することとなります。入力すると作業終了です。






iOS 7.0.4、無事インストールが成功したようです。

これがiOS7.0.4のスタート画面。ボタンは2Dさが強調され少し大きくなったように見えます。なんだかソフトになった印象ですね。電波状況の表示も変わったようです。

ロック画面やスタート画面の壁紙のプリセットが増えたのとアニメーションも扱えるようになったのは良いことだと思いました。

あと、このOSからはスライダーというものが無くなって画面のどこでもスライドさせるとロック解除ができるようです。






スマホを購入してからもう半年ぐらい経ちましたが、我ながらあまり活用していませんね(汗)。PCとのデータのやり取りがiTunes経由というのがなんだか面倒で億劫というのが本音かもしれません。メモリ64GBのを購入したのですがこれなら16GBでも全然問題なかったかも。f(^^;)







スポンサーサイト
テーマ: パソコンな日々 ジャンル: コンピュータ
DTM環境セット替え



PCをデュアルモニターにして使うようになって困っていた事がありました。ここに引っ越したばかりの時はPCモニターが一台だけだったのでスピーカーはモニターの両脇に置いていました。

しかし、ディスプレイが2台になるとけっこう幅を取ることになりスピーカー一台が隠れてしまうのです。そうなると左右のバランスが悪くなるのでいちいちモニターをずらしたりしなければなりませんでした。

もう一年ぐらい放ったらかしにしていましたが、さすがにそろそろ何とかしようと思い立ちました。





引越ししたての頃はこのような感じでした。現在はこんなにスッキリしていませんf(^^;)。今回はメタルラックの段の高さを変えてスピーカーの置く場所をモニターの上になるようにすることにしました。

一旦、ラックに置いてある物を全部降ろして高さを調節してから機材を配置し直しました。





それでこのような感じになりました。これでスピーカーで音楽を聴くときにいちいちモニターを動かさなくて良くなりました。\(^o^)/

せっかくなので、ここで使用機材の紹介したいと思います。





下のラックケースに入っているのがメイン音源のYAMAHA MOTIF-RACK(初代)。左上がYAMAHA MU2000。右上のがKORG 05R/Wです。(詳しいことは「所有楽器の間」にて)





使用キーボードです。メイン鍵盤はピアノタッチのKORG SP200。その上にはサブ・キーボードとしてYAMAHA SY99。2段仕様です。SY99の下にDTMモニター用のスピーカーを置いています。SP200の上のはSP200本体のモニター用のミニスピーカー。現在は写真に撮れる状況ではないので引越し直後のキレイな画像で。(^^;)





一番上がMIDIインターフェースのROLAND UM-3G。同時に3台のMIDI楽器の入出力が可能です。

真ん中がオーディオ・インターフェース ROLAND STUDIO-CAPTURE UA-1610です。16入力、10出力と外部音源やギター、ボーカルマイクなどのアナログ入力が多い者にとっては満足の端子数ですね。

下のはパワーアンプ、DENON PMA-390IVというもの。15年ぐらい前に中古で購入したものです。若干温かみのあるサウンド。価格の割には良いものだったのではないでしょうか。出力が2chあるので正面用とキーボード下のモニター用に振り分けています。





スピーカーはB&W社のDM601 S3。なんだか色合いがいいのでカバーは付けないで使っています。





ついでに裏側。配線は大変なことになっています(笑)。

机の上にディスプレイが2台もあるとけっこう作業スペースが狭くなるんですよね。近々ディスプレイのスタンドもなんとかしようかなと思っています。



カテゴリ
ini-T MUSIC SKY
プロフィール