4軸式モニターアーム
OS & 周辺機



先日購入していた4軸式モニターアームを設置してみました。その模様をレポートしてみたいと思います。




今回購入したのはサンコー社の「4軸式くねくねモニターアーム2」という代物。お値段は一台¥3,924(税別)。それを2台分です。




選んだ基準はモニター部を回転できて、お買い得な価格。あと、机に固定するクランプ部がツイン式であり安定感がありそうだと思いました。




まず、メインディスプレイのacer H243Hのスタンドを外してモニターアームに付けます。一般的なモニターの裏にはVESA規格というスタンド等に使用する4つのネジ穴があります。そこを利用して取り付けます。




次に、セカンドディスプレイのProLite T2452MTSもスタンドを外してアームに取り付けます。




取り付けるとこんな感じです。





設置完了です。アーム一本で支えるとグラグラしたりするのかと思っていたら、まったくそんなことはなく、しっかりとした安定感があります。モニターのスタンド部がなくなった分、机の作業スペースが広がりました。これはいいですね。




モニターを縦にしてみた図。16:9のモニターって縦にすると想像以上に長く感じますね(笑)。しかも、なんだか見難くい。横だとそんな風に感じないのに不思議です。

じつはモニターを回転させる時、モニターと机の間にそれなりのスペースがないと引っ掛かってしまうのです。横でちょうどいい高さだと回転させることが出来ず、いちいちポールに固定するレバーを緩めてモニターの高さを調節しなくてはなりません。

思っていたほど実用的でもないことが分かり、縦にして使うことは滅多にないと思いますf(^^;)。でも、そういう使い方もできる可能性を秘めていることは心強いということで。





スポンサーサイト
テーマ: パソコンな日々 ジャンル: コンピュータ
カテゴリ
ini-T MUSIC SKY
プロフィール