CLIP STDIO PAINT PROで描いてみた



CLIP STDIO PAINT PROはプロも使う漫画制作ソフトです。自分もだいぶ昔(中学から大学に入ったあたりまで)は漫画を描くのが大好きで、Gペン、丸ペン、そして開明墨汁(笑)を使ってよく描いてましたね。

でも、実際の紙に墨汁でペン入れして美しく線を描くというのは並大抵のことではありません。結局、挫折しました。(その後、音楽方面へ完全シフトしました。)

そして、絵を描くことをやめてから時は十数年流れ、ひょんなことからSAIというソフトを知りました。アナログではできなかった綺麗な線を引くということを叶えてくれる画期的なソフトでした。そこで、ポチポチとたまに絵を描くモチベーションも湧いてきました。

SAIに似た感じというCLIP STDIO PAINTの存在も知り、一度体験版で試したことがあるのですが、SAIよりベクター編集が楽ではないという感じがしたので購入までは至りませんでした。

何の因果か、先日購入したQUMARIONの同梱という形でSTDIO PAINT PROが手元にやってまいりました。体験版の時はマニュアルなど読まずに感覚的にやっていたので把握できなかったこともあったのは確か。今回は事前にマニュアル全部読んでみました。

全機能をざっくり把握して、ベクター編集もSAIほどでなくても結構出来るんだと分かりました。とりあえず、STDIO PAINT PROで何か描いてみようと思いました。



原画サイズで拡大

このキャラの設定は、名前は「柳田ひとみ」。口癖は「ちょりーっす」であるが、たまに無意識に「ちょりそーっす」と言い間違える。どこかで「チョリソー」という単語を聞いてから混同してしまうようになったと推測される。なお、本人は「チョリソー」が何なのかは把握していない。チリソースの仲間的な「チョリソース」というふうにふんわりと思っている。かなり天然ではあるが、時折人並みではない集中力を見せる、みたいな。(笑)

とりあえず、下絵はArtRageで描きました。楽に絵を描きたい自分には、まるで紙に鉛筆で描く感覚のあるArtRageの方がしっくりする感じがします。



原画サイズで拡大

このラフ画をSTDIO PAINT PROに渡し輪郭線を引いてみました。やはり、SAIのベクターとは感覚がまるで違います。STDIO PAINTはペンで実際に線をスッスッと引いていく感覚でないと作業が進まないという感じです。

SAIに比べれば楽ではない。しかし、線に迫が出る。まさにGペンの切れ味ですね。このあたりが楽に絵を描きたい方法を模索する人間に、少しぐらい苦労しても対価的に得られるものもあると思い出させてくれました。(でも、楽に絵を描きたい方向は曲げられないのですf^^;)

だんだん慣れてくると、こちらのベクターの癖もわかってきて手に馴染んできました。



原画サイズで拡大

色塗りも初めてSTDIO PAINT PROでやってみました。色塗り用として、いつも使っているGIMPと勝手が違うのですが、仕上がりの感想はなんかいい感じかもしれません。

STDIO PAINT PROを使ってみてすぐ気に入った機能は、「参照レイヤー」ですね。輪郭線のレイヤーに設定しておけば色塗り用のレイヤーが簡単に作れます。

あと、何気にスポイト。レイヤー階層関係なく画面上の色を拾ってくれます。GIMPではうっかり違うレイヤーを選んでてよく黒になってしまいましたからね(^^;)。あと、アプリ場外のディスクトップ上からも色を拾えるというのも結構嬉しい機能です。



原画サイズで拡大

ついでに、モノトーンのスクリーントーン調も。レイヤー毎に簡単に変換出来るのですね。元に戻すのも簡単にできます。

漫画には欠かせないスクリーントーン。一枚、500円とか800円ぐらいしましたっけ?今は、5千円のソフト買えばどれだけ贅沢に貼っても買い足すことなく使えるという、いい時代になりましたのですね(^^;)。意図するようにするには少し手を込ませないといけませんが十分ありがたい機能だと思います。

普段、GIMPを使っているのでCLIP STDIO PAINTは安定感を感じますね。GIMPは優良のフリーソフトでありますが、バグっぽい動作も多々感じます。STDIO PAINTは漫画だけでなくフォトレタッチとしても使えそうなので乗り換えましょうかね。せっかくの有料ソフトですからね。


スポンサーサイト
テーマ: CG ジャンル: 日記
QUMARION、買っちゃった



先日、漫画制作ツールを販売しているCLIPからQUMARIONのセールのお知らせメールが着ていました。QUMARIONというのは「人型入力デバイス」というもので、その人形でポーズを取らせるとそのまま3DCGのモデルのポーズに反映させることが出来るというもの。

以前、興味を持ったことがありましたが定価は13万円(単体9万円)。その時はアニメーションもやってなかったし必要性からしても自分にはあまりに高額であるので手を出す気はありませんでした。

最近、3DCGでアニメーションをやるようになって人型のモーション付けはやはり大変と思っていました。そんなタイミングで、QUMARIONのアプリ同梱版が5日間の期間限定で55%OFFの6万円で購入できるというチャンス。

6万円は高いか安いか?前だったら高いと思えましたが、今なら必要性と可能性から出してもいいと思いました。そこで、迷ってる暇はないと飛び付きました。

同梱ソフトウェアのCLIP STUDIO PAINT PRO、STUDIO ACTION、STUDIO COORDINATEとこれだけでも3万円はします。STUDIO PAINT PROは、体験版を使った事があるのですが購入まではしていませんでした。これはいい機会なのでGETしておきましょう。




注文が殺到しているため発送が遅れますと連絡が来て、待つこと丸1週間、ようやく届きました。思っていたより箱がデカくて驚きました。




箱を開けるとまた箱が。まだ大きい。もしかしたら、このままマトリョーシカのように小さくなっていったり・・・




大丈夫です。すぐ、QUMARIONが出てまいりました(笑)。




思っていたより大きい印象です。全長32cmぐらいです。下には、スタンド等色々付属品が入ってます。




「Hello!」的なポージングです。そういえば、実物のフィギュアを買ったのは人生初です。とは言っても、これは観賞用ではなく入力ディバイスですけどね。




あと、Tab-Mate Controllerというのも付いてました。ショートカットなど登録できる入力補助装置のようです。これも5千円ぐらいするらしいのでお買い得だったと思います。

また覚えるべきアプリが増えてしまいましたが、複数のソフトを使うことで新たに見えてくるものもあると思います。色々試してみましょう。


テーマ: CG ジャンル: 日記
システムディスクの引越し



現在、私のメインPCは2年半前ほどに購入したカスタムマシンです。システムドライブはインテル製SSDの180GBを選びました。120GBでは少し足りない、180GBぐらいあればまず困ることはないだろうと思えました。

Cドライブは60GBぐらいの空きがあったのですが、半年ぐらい前に
Visual Studio 2013とUnity4.6をインストールしたら一挙に空きが40GB分ぐらい減ってしまいました。さらにWindows10を予約してインストール準備が整ったら、さらに空きエリアが減ってしまいました。



Unity5もVisual Studio 2015もリリースされました。このままではインストールすることは不可能。アンインストールして新しいのを入れたとしても結局、空きが10GBぐらいしかないと判ってます。まだ数年はこのPCを使い続けることになると思うので、これでは心の余裕がなくなります。(^^;)

そこで、CドライブのSSDを容量の大きい物へ買い換えることにしました。現在256GBのものが1万から1万4千円ぐらい。80GBも増えたら当分大丈夫とは思いますが、折角ですから300GBぐらいのが欲しいところ。

512GBが2万円ほど。システムディスクに512GBは大きすぎるとは思いつつ、320GBが2万4千円でこちらの方が割高。大は小を兼ねるということで512GBを購入することに。




ADATA ASP600S3-512GM-C [512GB] 。ドスパラで税込み21,578円でした。





大きさは2.5インチでスマホより小さいです。そして、驚くほど軽いです。




USBストレージ・ケーブルの「shen zhen F1205-20-4P」を使ってPCにつなぎ、ディスクの管理でシンプルボリュームを作成してクイックフォーマットしてディスクドライブとして使用できるようにします。




ドライブが認識されました。これで準備OKです。さて、どうやってこのディスクにシステムを移すのか?

私はバックアップツールとして「Macrium Reflect」というフリーソフトを使っています。このソフトは普通にPCを起動したままでシステムドライブのバックアップを作ることができます。今まで、このソフトに救われたことは何度もあります。(OS標準のシステムの復元で救われたことは一度もありません・・・)




今回は、このソフトの「Clone Disk」機能を使って引越しさせてみようと思います。この機能は文字通り、まるまるディスクごと複製させるものです。




引っ越し元と、引っ越し先のドライブを選んで実行するだけで簡単に出来ます。ただ気を付けなくてはならないのは、引っ越し元ディスクの容量サイズとパーティション等をまるごと複製するので、引っ越し先の方が容量の大きいディスクであっても引っ越し元と同じサイズのディスクが出来上がります。

要するに、上の画像の下の引っ越し先のドライブに309GBほどの未使用領域がある状態で複製されます。でも、これは後からアクティブにすればいいだけですのでこのままクローン制作開始します。




待つこと1時間半、クローンが完成しました。




見事にシステムドライブが複製されました。しかし、このままでは容量が512GBのドライブが180GBとしか認識されていません。




システムドライブだったインテルSSD180GBとADATA512GBを交換して、3.5インチベイアダプターに取り付けPCに接続して起動します。無事起ち上がりました。問題ないようです。(じつは問題ありました。最後の※欄に書いてあります)




さて、肝心のCドライブの容量を増やす作業に取り掛かります。ディスクの管理でCドライブを選んで右クリックで「ボリュームの拡張」を選択します。とりあえず、使用可能エリア全部使ってみることにします。




Cドライブが466GBに増えました。しかし、やっぱりシステムドライブに466GBも必要ないかな(笑)。Win8.1はシステムドライブのパーティション作成など再起動もせずに出来るのですねぇ。一昔前などかなり大作業だった気もしましたが驚きです。




とりあえず、Cドライブには270GBほどを割り当てて、予備領域として200GB取っておくことにしました。後から増やすのは簡単なので必要性が出てきたらすぐ増やせると思います。




Cドライブにも余裕ができたし、これでようやくWindows10をインストールしてみようという気分になってきました。


※じつは、クローンディスクWindows (O:)を作ってそのままOドライブとして領域を増やしてからCドライブとしてPCに取り付けでもブートできませんでした。BIOSをいじってみましたが無理のようでした。結局、クローンし直した方が早いと始めからやり直しました。(また待つこと1時間半)

OSの入ったドライブの拡張などはCドライブとして起動してから、ディスクの管理でやらないといけないようです。

テーマ: パソコンな日々 ジャンル: コンピュータ
Shade 3Dのモーフミキサー



とうとう、Shade 3Dで実装不可能なものとばかり思っていたモーフミキサーをプラグインで使用することが出来るようになりました。そこで、早速Shade 3D生まれの御影シエナで試してみました。

Shade 3D公式フォーラムで紹介している動画をこちらにも掲載しておきたいと思います。





モーフミキサーの無いShade 3Dで人物アニメーションは諦めていて、このキャラにはこのときボーンを入れていませんでした。この動画は、とりあえず顔の表情だけを変化させるテストです。

モーフターゲットは「目を閉じる」、「あ」、「お」と4種類の眉毛を作ってブレンドさせて表情を変化させています。まさしく、モーフミキサーですね。とうとう、Shadeでも出来るようになりました。

かなりアップにしているのは、腕を広げたままだと変だと思って映らないようにしているためです(笑)。また、表情変化をさせてみたものの、音無の動画だとネガティブなキャラの印象になってしまうかと思い、後からセリフとBGMを付けてみました。

ちなみに、私は動画編集ソフトとしてフリーソフトのAviUltを使っています。





こちらの動画は、後日身体にボーンを入れて、表情を変化させながら動かしてみるというテスト動画です。うまくいったようです。

さて、ここまでは動いてくれましたが、さらに髪などを動かそうとしたらボーンの使用階層がさらに深くなりどうなるものか。とりあえず、やってみないと分かりません。Shadeで人物アニメーションの可能性が開けた以上チャレンジしてみたといは思います。

しかし、POSERで動かすためにいろいろ改良したフィギュアでしたが、まさかShade 3Dで動かそうとするなんて思ってませんでした。 オリジナルフィギュアを始めてからグッドタイミングでShadeでもモーフミキサーが使えるようになりました。

サブディビジョンサーフェスの効き具合が違うためにShadeでレンダリングすると同じキャラでもPOSER版とは顔が微妙に変ってしまいますね。こちらの方が元祖なんですけど。(笑)


Windows10のインストールですが、現在システムディスクがパツンパツンのレッド状態なので容量を増やさないとヤバい気がしてためらってます。

テーマ: CG ジャンル: 日記
カテゴリ
ini-T MUSIC SKY
プロフィール