MMD用オリジナルキャラ作成への道
Shade 3D



最近まで、MMDにはそれほど関心がありませんでした。何故なら、キャラを動かすのが大変というイメージがありました。また、MMD用のオリジナルキャラを作ろうとすればポリゴン頂点数の制約があったり、使ったこともないリアル物理演算エンジンなどハードルがあります。その上、動かしにくいとなるとモチベーションも湧きませんでした。

それより、興味があったのはUnityでした。ようやく、Unity5をインストールして、使い方が少しづつ解ってきました。少し疑問に思ったのはUnity上でUnitnyChanは表情を付けているんですよね。

ShadeでもUnity用のキャラクターを作れますが、FBXではShadeに限らずモーフは持っていくことが出来ないはずだったような。キャラクターにとって表情は大事です。Unityではどのようにモーフィングをさせるのか始めたばかりの今の段階ではよく分かりません。

とりあえず、調べてみたところ、MMD用のキャラクターはプラグインを使えばそのままフェイシャルモーフごとUnity用のキャラクターとして使えるようなのです。難しいことは分からなくてもMMD用のキャラをそのまま使えれば便利です。

MMD用のキャラクターはCLIP STUDIO COORDINATEを介せばCLIP STUDIO ACTIONでも使うことができます。そうなると、色々使い道の選択肢があるMMD用のオリジナルキャラクターを作成してみようというモチベーションが湧いてくるわけです。

Shade 3D生まれの御影シエナはサブディビジョンサーフェス前提で作ったのでMMDで表示させると色々都合が悪いところが出てきます。

そこで、MMD用にメッシュの大幅な改造を行いました。ボーンもMMD基準の構造でAポーズから入れ直しました。Shade 3Dのプラグイン「MMD Exporter」を使ってpmdでエクスポート。とりあえず、MMDでも動けるようになりました。




さて、MMDですからただ動けるだけでいいわけではありません。やはり、髪やスカートなどを揺らすリアルタイム物理演算処理を付けないといけません。未知の領域です。それは、PMXエディターというもので付けていくのですが、始めはまるで何が何だか分かりませんでした。(笑)

何とか、出来たpmxをMMDで読ませるとフリーズしてしまって起ち上がらない。これは、ジョイントが繋がっていない箇所があるとそうなるようです。

「PMXデータの検証」ですべてOKになるようにして読み込めるようになったら、今度は剛体がボトボト落ちる・・・(汗)。これは、ジョイントが適所に接続されてないため・・・。エラーが出なくなればいいだけではなく、適切にチェックしないといけません。




埒が明かないので、ツインテールのシュミレーションのためShadeでシンプルな構造のテストモデルを作ってとことん試行錯誤して理解してみようと思いました。




ボーンをバインドして、スキンのチェックをして「MMD Exporter」を使ってpmdでエクスポートしてPMX Editorに呼び込ませた図です。




ボーンに剛体とジョイントを割り振っていきます。基本的に骨格のボーンには「ボーン追従」、重力の作用で動かせたいところは「物理演算」でいいみたいです。と言いつつもリアルレンダでブルブルしているところには「物理+ボーン位置合わせ」も試してみないといけない。ジョイント同士が干渉し合わないようにするとか影響範囲を変えてみるとか、奥が深いです。




GIFアニメで載せようと思っていましたら6MBとなってしまいサイズが大きすぎてFC2 BLOGではアップロードできないようです。仕方ないのでYouTubeに変更しました。GIF変換用に作ったのでサイズは小さくて画質は悪いです。

始めはブルブルしまくりだった髪ですが試行錯誤しまくった挙句、ようやく望ましい挙動になりました。あえて、腕を付けたのは髪が腕を貫通しないことを確かめたかったからです。うまくいったようです。

しかし、このリアルタイム物理演算をうまく反映させるために御影シエナのボーンをそれ用にまた入れ直す必要があるようです。表情モーフも頂点数を変えてしまったため一から作り直さなくていけません。オリジナルキャラをMMDで動かす道は平坦ではありませんねぇ。

でも、リアルタイム物理演算の使い方も理解できるようになって確実に距離は近くなった気がします。



~後日追記~

CLIP STUDIO ACTIONで表情を付けてエクスポートしたFBXはUnity上でも表情が変化しました。FBXは表情モーフもエクスポート出来るようです。

スポンサーサイト
テーマ: CG ジャンル: 日記
ノートPCにSSD
OS & 周辺機



先日、メインPCのシステムディスクの引越しをしてSSDが一つ余ることになりました。前から、サブノートPCもSSDにしたら、さぞかし快適になるのではと思っていました。

4年前ぐらいに購入したサブノートPCはCPUがCeleron SU2300の1.20GHzデュアルコア、Windows 7 Home Premium 32bitと言う感じです。OSドライブは2.5インチHDDです。

メインPCはIntel Core i7-3770、基本クロックは3.4GHzのクアッドコア、64bitでSSD。起動も普段の動作ももたつくということはありません。

それに比べてしまうと、サブPCは起動に時間がかかる上にIEを開くのにも結構時間がかかります。これはCPUの性能というよりHDDの性能の方に影響している気はしていました。

そこで、このノートPCのシステムドライブをSSDに引っ越しさせることにしました。まずは、「Macrium Reflect」でSSDにOSの入ったドライブのクローンを作っておきます。




右が今までOSが入っていたTOSHIBA MK2559GSXP 250GB。左がIntel SSDSC2BW180H6R5 180G。共に2.5インチ。SSDと入れ替えます。

起動してみると、見違えるぐらい速くなりました。IEも、もたつくこと無く普通に開きます。明らかに、安定感が増したと感じ取れます。やはり、動作の快適さはCPUやメモリ以外にもディスクへの反応というのも重要なことのように思えます。




次に、ディスクの管理でSSD180GBの未割り当て領域をアクティブにする作業に移ります。

元HDDは250GBを50GBと200GBにパーティション分けしていました。引越し先のSSDは180GBと元ディスクより容量が少なかったので、とりあえずCドライブの50GBだけ引っ越しさせました。

このサブPCを今後もガツガツ使い込むような使い方はしないと思いますが、この先Cドライブの容量が50GBでは少し不安ということで80GBぐらいにしておくことにしました。




サブPCであれば、Dドライブも80GBぐらいあれば十分です。

テーマ: パソコンな日々 ジャンル: コンピュータ
カテゴリ
ini-T MUSIC SKY
プロフィール