新3Dオリキャラの制作



3Dモデリング技術向上のため、何かフィギュアを作ってみようと思っていました。二次創作物だとここで紹介しにくいのでオリジナルでいくことにしました。

前から考えていたバーチャルバンドのプロデュース計画を少し進めてみようかなと思っていたところです。歌ものバンドよりインストとかやらせたら面白いとか思ってました。しかも、モロジャズやフュージョンとかマニアックな方向性とか面白そうですね。

御影シエナはギター担当ということで他のメンバーも考えてみました。とりあえず、三人分ラフスケッチして考えてみました。





まず、一人目の紹介。設定はとある高校の「ジャズ&フュージョン研究部」、通称「ジャフ研」のドラム担当、一年生の「藍田弥生」。(このスケッチはArtRage4.5で描いてあります)

このスケッチをテンプレートとしてShadeに取り込みモデリングしました。前はTポーズを付けて左右対称になるようにきっちりSAIで清書したものをテンプレートにしましたが、今ではざっくりしたラフ画でもモデリングは可能になりました。(ただものぐさなだけだったり^^;)

それで、モデリングしたもがこちらです。レンダリングはMMDです。














サブディビジョンサーフェスを使わないモデリングもすっかり慣れましたね。このモデルは今のところ15,000ポリ頂点ぐらいです。やっぱり、Shadeは作業しやすいですね、最近さらに作業効率が良くなりました。

このモデルでは顔はポリゴンでそれ以外は自由曲面で作ってからポリゴン化させています。スカートは御影シエナの使い回しです。サイズがピッタリで良かったです。

原案イラストに似ているかどうかと言われれば「あくまで原案ですから」と応えるしか無いですねf(^^;)。まだ、テクスチャーとか描いてないので描けばもう少し似るかも。

でも、3Dモデルは一度作ってしまえば使いまわせるのでいいですね。やはり、楽に絵を描きたい私の理想を叶えてくれそうな手段となりそうです。

しかし、ボーン入れたりスキン設定したりモーフ作ったりとここから大変な作業工程が待ってます。これをメンバー分やるとなるとどれぐらい時間かかるのだろうか。バーチャルバンドのプロデュース計画の道のりは長そうです。

スポンサーサイト
テーマ: CG ジャンル: 日記

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
ini-T MUSIC SKY
プロフィール