MMD版完全オリキャラ完成



MMD版完全オリジナルフィギュアの「藍田弥生」のテクスチャー、ボーン入れ、スキン設定、モーフ、そして物理演算の設定が完了しました。とりあえず、完成です。




髪の揺れものはいい感じに設定出来たと思います。目はポーンで動かせるようにしました。




これはShadeのプラグイン「MMD Exporter」でPMD化する時にモーフを渡す時の形式です。「skin」フォルダーの中に「目」用の「eye」、「眉」用の「eyebrow」、「口」用の「mouth」、「その他」用の「other」という4つのフォルダーを作って、それぞれにベースのメッシュとそれから作ったモーフを一緒に入れることでMMDでのモーフターゲットとして機能させることが可能となります。

モーフはあれこれ試してみたいことをやっていたら全部で62種類にもなってしまいましたね。後で何か思いついたら追加するかも知れません。ポリ頂点の数を増減させないかぎりは、もうそんなに手間もかかりません。(しかし、ベースのポリ頂点の数を一つでも消したりするとモーフは全部作り直すことになってしまいます・・・)

このキャラの本体のポリ頂点数は15,000程ですが、モーフを合わせると全部で22,000ぐらいになります。

さて、今回新たに試してみようと思ったモーフをいくつか紹介したいと思います。




今回は「上歯」と「下歯」を用意して「い」の表現を出来るようにしました。目を瞑ったときに現れる細いシワも用意してみました。あるのと無いのでは結構印象が変わりますね。




「眉-おこり」と「舌ペロ」を組み合わせて「何か本気を出す」の表情です。




「ジト目」と「口-ほー」と「でかい汗」で「呆れる」という表情。




「目-はう」と「口-△」と「汗」とで「はう~」。




「目-なごみ」と「口-喜び歯あり」とついでに「怒りマーク」で「笑顔で怒る」ような表情(笑)。「怒りマーク」は一枚のポリ板に透過で表現しています。テクスチャーは描き直す必要がありますが、ギミックさえ用意しておけば後は楽ですのでその内に。

MMD版「藍田弥生」の完成記念に動画を作ってみることにしました。pixivの「うごイラ」にしてみました。




pixivの「うごイラ」というのはフレーム数やサイズに制限があり長い動画には向かないのですが、音声が必要ない分ちょっとした動画を紹介したいときはYouTubeより手軽かもしれませんね。

ちなみに、この動画の背景はShade 3Dで作った教室をトゥーンレンダリングしてその静止画をMMMの背景として使用しています。表情アニメーションはMMDよりMMMの方が格段にやりやすいですね。

あとはこの「藍田弥生」をPOSER用でも使えるようにしたら、次の新キャラ制作にとりかかりたいですね。




せっかくなので動画からのワンショット。


スポンサーサイト
テーマ: CG ジャンル: 日記

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
ini-T MUSIC SKY
プロフィール