Poser用フィギュアにコンバート
POSER



オリジナルキャラクターの「藍田弥生」をMMD用からPOSERでも使えるように変換してみました。




まず、これは「CLIP STADIO COORDINATE & ACTION」経由でFBX化したものをPOSER PRO 11にインポートしたデフォルトの状態です。

(この「藍田弥生」もShade 3Dから直接FBXで書き出したものをPOSERにインポートすると、やはりホラーな状態となってしまい、とてもお見せ出来る状態ではなくなってしまいます・・・)




マテリアルルームに移りトゥーンマテリアルのセットアップをしてから、「Geometric Edge Lines」で輪郭線を付けて各パーツごとに適切なセッティングをしてプレビューレンダするとこのような感じになります。




輪郭線の色は髪とか肌とかそれぞれ変えています。もちろん、白目など輪郭線の必要ないところは消してあります。




ポリ頂点数は15,000ほどのローポリですがサブディビジョンサーフェスは使ってません。




もう、まるでMMDのようですね。POSERのプレビュー画面もずいぶん進化しました。もう、RWBYのようなレンダー表現もお手軽に出来るようになった感じです。




はじめは「Geometric Edge Lines」では黒のみでしたが、現在ではパーツごとに輪郭線の色を付けれるようになりました。左がインストール時、右はSR4現在です。「Geometric_Edge_Color」が追加されています。




モーフターゲットもちゃんと日本語でインポートできますが仕切りがなくズラーっと並ぶこととなります。見分けづらいのでMMD風に4つのカテゴリーでグループ分けしてみました。



せっかくなので「うごイラ」を作ってみました。プレビューレンダだと分かりやすいようにあえてライン入りのGROUNDを背景にしています。



以前、『POESRで「RWBY」的な輪郭線?』という記事を書きましたがその時に自分が試したのは「背面法(バックフェイシング)」という方法でした。

てっきり、POSERのプレビューレンダではバックフェイシング法でパーツごとに色を変えたり出来ないものとばかり思い込んでいたのですが、Poser10でも試してみたらFireFlyだけでなくプレビューレンダでもバックフェイシングで輪郭線の色を個々に変えられました。いちおう、ここに書いておきたいと思います。

スポンサーサイト
テーマ: CG ジャンル: 日記

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
ini-T MUSIC SKY
プロフィール