タッチパネル対応ディスプレイ



今まで使っていたディスクトップPCのディスプレイは24インチのACER H243Hというもの。NewPCも購入し、VistaPCもたまに使うことあるだろうし、もう一台新調したいと思っておりました。

一番理想的なのは27インチでグレアでタッチパネル対応しているもの。しかし、このようなディスプレイなどあるわけなく「27インチでグレア」か「タッチパネルでグレアで一番大きなもの」という選択肢に分かれるわけです。

「大きい画面」と「タッチパネル」これを天秤に乗せると「タッチパネル」の方に傾くのでした。前々から画面に手を突っ込んで操作出来たらなぁとか思ったりすることも多々ありました。

そこで気になったのはProLite T2452MTSという製品。光学式タッチセンサーを採用しているという。サイズは23.6インチで24インチよりは少しだけ小さくなる。

以前、家電屋でWindows8のタッチパネル対応のディスプレイをいじったことがありました。それは静電容量方式のタッチパネルだったと思います。

ちょっと気になっていたのはタッチパネルはお絵かきのツールとして実用可能であるかどうかでした。試しにペイントソフトを使って指で絵を描いてみました。でも、指の奇跡を後からついて来る感じでムリっぽかったです。

ProLite T2452MTSは光学式。こっちの方が反応が良いのではと思えました(使っているマウスとかも光学式だし)。しかし、ディスプレイはノングレアとなっている。でも、硬化ガラスでコーティングされているという。これはグレアに近いのでは?

さらに気になっていたのはメーカーHPの「Windows 8 タッチには対応しておりません。」という記述。Windows7の2点タッチには対応しているとういうことだが、Windows8では全く反応しないということなのか?

気になりネットで探してみても、このディスプレイのクチコミや使用感想など一つもみつけられなかった。大いに話題性ありそうなのにどういうことなのだろう。(-"-;)

Windows7で動くものは大抵Windows8でも動く。いま使っているペンタブもwin2000時代からのもので、かなり古いが問題なく使えている。多分、マウス代わりぐらいには使えるのでは?

散々迷って購入してみることに。ある意味、賭け。まぁ、きっと大丈夫だろうさ。価格.comで最安価格の29,775円のショップで注文。




23.6インチは横幅約52.3cm。24インチは約53.3cm。1cmぐらい狭くなるので、やはり見た目でも気持ち小さく感じますね。でも、Win8のデフォルトのフォントがVistaより小さいので画面は相対的に広く感じます。

さっそく、つないでみるとタッチパネルが反応しました。何かをインストールすることもなくUSBを挿しただけでOKです。

2本の指を使って拡大縮小、画像の回転などもできます。ブラウザやモダンUIの操作もマウスとはぜんぜん違う。例のフリックでスクロールとか面白いぐらいに快適にできます。





コンピューターの基本的な情報の表示のペンとタッチのところが「2 タッチ ポイントでのペンとタッチ(制限あり)のサポート」と変わっています。

ようするに、「Windows8でも2点タッチまでは使えるが、Win8で推奨されている5点タッチ以上のフルタッチには対応はしていない」ということなのでしょう。

メーカーさんもそういうふうに書いてくれていたらいいのに。全く反応しないのかと勘違いする人もいると思いますよ、私みたいに。

気になるお絵かきツールとしてですが、静電容量方式のよりは断然反応がいいと思います。しかし、やはりペンタブレットほど緻密な反応はしてくれませんし、筆圧は感知しません。

指だとその指の太さがジャマになるし、付属のペンで画面をなぞるのも傷が付かないのか気になる(おそらく、大丈夫なのでしょうけど^^;)。細かい作業には向いてないかもしれません。でも、指で直感的に画面に描いてみたい時に可能性は広がります。

フルタッチには対応していないのでこのディスプレイだけですべての操作は出来ないようですが、マウスも併用すれば全然問題はない。

ただ、ノングレア(非光沢)と書いてあるが、どう見てもグレア(光沢)画面。ノングレアじゃないとダメな方は気をつけたほうがいいかもしれません。




スポンサーサイト
テーマ: パソコンな日々 ジャンル: コンピュータ

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
ini-T MUSIC SKY
プロフィール