Intuos 3Dの購入とZBrush Coreの入手



思わず、Wacomのペンタブレット「Intuos 3D」を購入して、バンドルの「ZBrush Core」を入手してしまいました。




きっかけは、Yahoo!Japanの期間固定Tポイントの期限が迫っていたことでした。期間固定ポイントはTポイントなのですがコンビニなどでは使えず、Yahoo!Japanでしか使えません(知らなかった)。とりあえず、ポイントが無駄にならないように何か探すことに。

そしたら、今月中は会員ポイント13倍のチャンスとかやっているわけです。こうなったらこれを機に奮発してペンタブを買い替えてみようかなと思ってみたのです。(まんまとポイントに釣られてしまいました^^;)

せっかくペンタブを買うのなら気にはなっていた「ZBrush Core」がバンドルされている「Intuos 3D」にしてみようかなと思った次第であります。購入価格は\19,200。




私の使っていたペンタブレットは14~15年前から使っているWACOMのET-0405A-Uという年代物でした。Windows2000時代、4:3モニターが主流の頃のものです。もう保護フィルムなど削れ過ぎて使い物にならず外してしまっています。(^^;)

これを16:9サイズに領域を狭めて1920x1080サイズのモニターに対応していました。しかし、その後マルチディスプレイにしたときサブモニターに出るサブパレットなどを選択するのが不便で2画面に対応するマッピングにしたのですが、Sサイズをさらに半分の領域で使わねばならなくなっていました(上の画像の赤の枠線の左側がメインモニター用(約6cm)、右がサブモニター用。黄色が本来の領域)。

これは、とても狭いです。(--;)

さすがに、これはもう買い替えねばならないと思ってはいたのですが、きっかけもなくズルズルと使い続けていました。それで、このTポイントをきっかけにすることにしました。




こちらがニューペンタブ「Intuos 3D」。作業領域はMサイズでET-0405Aの2倍近くあります。このパッド部はタッチ対応で指のジェスチャーでスクロールさせたり回転、ズームもできたりします。ペンタブでこんなことも出来るとは時代はこんなに進んでいたのですね。(^^;)




あと、4つのファンクションキーやマッピングサイズはアプリケーションごとに設定することができます。例えば、Blenderなら左上のキーに「Shiftキー」と「マウス中ボタン」を割り当てれば3Dテクスチャペイントをペンタブですることも容易になりますね。

モニターの選択も「マッピング画面切り替え」をファンクションキーに割り当てておけば、ちょっとサブモニターに用があるときもマッピングを切り替えれば対応できます。これで、安心してタブレットの広さをフルサイズで使うことができます。

一応書いておきたいと思いますが、はじめこのペンタブの設定をしようと思いワコムタブレットのプロパティを開こうとすると、「タブレット ドライバが見つかりません」とメッセージが出て開くことができませんでした。どうもUBSハブ経由でつないでいたことが原因だったようで、PCのUSBに直接つないだら解決しました。




このような感じで、「ZBrush Core」を入手してしまいました。インストールしてみてのファーストインプレッションは、これまた独特なUIですねぇ。Blenderだって初めは驚きましたが今では慣れましたから大丈夫だとは思いますが。

本家「ZBrush」と比べ「ZBrush Core」の自分的に主だった制限といえば、

・リトポロジー機能(ハイポリゴンをローポリゴンにリメッシュする機能)がない
・エクスポートはOBJ、STL形式で出来るがUV情報は含まない

でしょうか。

とりあえず、これらはBlenderで補えるとは思えます。使わせてもらっているBlenderのアドオンの「Mira Tools」にもリトポロジー機能はありますし、「RetopoFlow」という強力な有料アドオンもあります。他にもリトポではグリーンペンシルを使った方法とかもあるようです。

これまで、手を出すのをためらっていたスカルプトですが、これを機にちょっと取り組んでみようかなと思います。





スポンサーサイト
テーマ: CG ジャンル: 日記

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
ini-T MUSIC SKY
プロフィール