ZBrush Coreでリアル系スカルプト



ZBrush Coreでリアル系女性モデルのスカルプトにチャレンジしてみました。今回は上半身までということで。




球体から捏ね始めて、大体丸一日でこのぐらいに仕上がりました。総ポリ頂点数は何と1,673,000です。(@o@;)




髪は雑ですがこれぐらいにしておきましょう。本家ZBrushだと髪用のブラシも色々あるようですがZBrush Coreでは本家ZBrush用のブラシを使うことは出来ません。でも、ZBrush Coreの基本ブラシだけでもやろうと思えば色々出来ますね。




まつ毛もあった方がいいと思ったので一本一本独立した形状で作ってみました。普通はこういうのは透過テクスチャなどで表現するところですがZBrushCoreだとそういうのは出来ません。意外にも、ZBrushでも頂点一つだけを動かす事もできるのでローポリ形状をちまちま編集しました。








昔、本気で絵の勉強をしていた頃もあり、人体解剖学の勉強もさんざんやっていたのですが(定価で一万円もする医学生向けのネッター解剖学図譜も購入したぐらい^^;)、知識として知っていても絵ではなかなかうまく表現が出来ませんでした。それで、満足出来るレベルに至ることが出来ず、ずっと好きだった絵を描くことをいつしか諦めてしまったのでした。

それでも、絵がうまく描けなくても3DCGスカルプトでならうまく表現出来るかもしれないとか思わせてくれます。

ポリゴンモデリングではリアル系はあまりやる気も出なかったのですが、スカルプトで形を作ってリトポロジーすればものすごく時間短縮と効率化ができそうですね。可能性が広がります。

今まで3Dモデリングではポリラインの流れを考慮に入れつつしないといけませんでした。それは結構な制約を抱えながらモデリングをすることになります。しかし、ZBrushではポリラインなど意識しなくてもよく、本当に自由に絵を描く様にモデリングが出来ます。

ZBrush、想像以上に3Dモデラーにとっては夢のようなツールですね。はじめはZBrushは難しそうで買っても使いこなせないかもとか思っていたのですが、その心配はなさそうです。本家ZBrush使ってみたいなぁ。

しかし、ZBrushはだいたい10万円ぐらいですかぁ。すぐにポンと出せる金額ではありませんが、やれることと比べたら安いぐらいなのかもしれません。今すぐ必要というわけではありませんが、将来的には購入したい気になってきました。

ZBrush4R8が近いうちにリリースされそうな感じですね。その時、セールでもやってくれれば飛びつくかもしれません。(^^;)

久しぶりにうごイラにしてみました。







スポンサーサイト
テーマ: CG ジャンル: 日記

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
ini-T MUSIC SKY
プロフィール