Miroslav Philharmonik



去年年末ぐらいにイーフロントから「Miroslav Philharmonik」というソフト音源のダウンロード版が4,400円で購入できるというメールが着ていました。

でも、その時はあまり気にも留めず、結局スルーしてしまいました。

そのソフト音源は伝説のフュージョン・バンド、「ウェザー・リポート」のベーシストだったミロスラフ・ヴィトウス氏が長い年月を掛けて集めたオーケストラ音源ライブラリーとのこと。

私の場合、「ウェザー・リポート」のベーシストというとジャコパスと浮かんでくるのです。Miroslav、ミロスラフ・・・なかなか覚えられない。(^^;)

私が現在使用しているメイン音源は初代YAMAHA MOTIF-RACK
です。あとサポート的にYAMAHA MU2000などもたまに使ったりします。

しかし、どちらもトランペットの音がそれっぽく聞こえないのです。オーケストラ風アレンジなどもっと勉強もしたいし音にリアリティーさが増せば意欲も上がるはず。

You Tubeなどで「Miroslav Philharmonik」の音を聴いてみたのですが、ちょっと思っていたのより電子風というか定価2万4千円ではちょっと高いぐらいのサウンドに感じました。

一番安いところで1万5千円ぐらいで扱っているところも見つけましたが、う~ん。

ちょっと、他のオーケストラ音源を探してみることにしました。そこで気になったのはCRYPTON社のシネマティック・フルオーケストラ音源「ORCHESTRAL ESSENTIALS」でした。

すごいリアリティーの衝撃が(@o@;)。これは定価42,000円でしたがそれぐらい出してもいいぐらに感じました。

しかし、そうこうしていてしているうちに月日が流れ数日前、またもイーフロントから「Miroslav Philharmonik」が期間限定で6,300円で購入できるとのメールが。

色々デモ演奏を聴いたり口コミを読んだりしてみて、まあオーケストラ音源は一つですべてを網羅できるものはないんだと自分なりに結論付けしていたところです。

前回よりはちょっと高いですが6,300円なら試してみる価値あるだろうと購入してみることにしました。

7GB分をダウンロードしてインストールしました。7GB分のほぼすべてを占めるのは音源ライブラリー。ちょっと、Cドライブに7GBも入れなければならないものかと懸念していましたが、ライブラリーは別のディスクでも大丈夫のようだったので助かりました。

早速、SONAR7でプラグイン・シンセとして使ってみることに。しかし、音が出ない?初めて使うソフト音源で設定か何か間違えているのか??

試しにSONAR付属のプラグイン・シンセを使ってみたらこちらも音が出ない??

RolandのHPで確認したらSONAR7はwindows8には対応していないとのこと・・・そうだったのぉぉ。(@o@;)

Win8でも外部音源使用ならSONAR7は問題なく作動していました。どうやらプラグイン・シンセだけは動かないみたいです。普段、プラグイン・シンセはあまり使わないので全然気づかなかった。

もう、SONARは買い替えどきというしかない。しかし、プラグイン・シンセを使わなければまだSONAR7も使える。プラグイン・シンセのために数万円の設備投資は妥当かどうかだ。

いや、妥当だ。プラグインのシンセやエフェクターもかなり進化しているはずであろう。シーケンサーでもあるが楽器、エフェクターも兼ねる。それらが数万円で手に入るのならば、自分には妥当な買い物だ。

現在、SONARの最新版はSONAR X2のよう。買っちゃおうかな。





スポンサーサイト
テーマ: DTM ジャンル: 音楽

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
ini-T MUSIC SKY
プロフィール