ini-T MUSIC SKY [CGのBLOG] POSER PRO 11 SR8 リリース


POSER PRO 11 SR8 リリース
POSER



POSER PRO 11のSR8がリリースされていました。まさかSR8までくるとは。




アップデートのリリースノートはSmithMicroのHPではなくフォーラムの方に載っていたのですね。

今回、SR8で気になったのは、
’・PNGs with alpha are now supported.The alpha is discarded, and the PNG is looked as a 24 bit image.’
「アルファ情報を含むPNGがサポートされるようになりました。アルファ情報は破棄され、PNGは24ビットイメージとして見えます。」という記述。

ようやく、POSERもPNG形式の透過グラデーションテクスチャに対応したのかと、早速SR8にアップデートしてDiffuse_ColorやTransparencyに透過グラデーションを付けたPNGをノードリンクして試してみたのですが、特に反映はされませんでした。どういうことなのでしょう??

SR7ではFBXインポートが改善したという記述があったので、今まで試したことのあるFBXモデルで試してみたのですが、前にも読み込み失敗をするものはSR8でもうまく読み込めず、とくに改善したようには感じませんでした。

それでもPOSERはどうもBlenderとは相性が良いらしく、POSERでうまく読み込めなかったFBXモデルもBlenderを介してエクスポートしたものだとうまくいく確率が上がります。

Blenderで作ったオリジナルフィギュアの「まいティーちゃん」はまだPOSERで試したことがなかったので、試しにインポートしてみてチェックしてみようと思いました。テクスチャ等のマテリアルの設定をしていたら、PNGで透過表現をしてあるテクスチャの透過が反映されていました。あれ?




POSER PRO 11にFBXでインポートしたまいティーちゃんです。即席なのでライトをDiffuse IBLにして陰影を無くしてトゥーンマテリアル調にしています。Geometric Edge Linesで輪郭線を付けています。(ちょっと画面が暗かったですね)







PNGの透過で描いてある頬の赤らみがPOSERでも再現されています。ちなみに、目の影もPNGの透過です。

ただ、この直前にPOSERのプリミティブの平面に透過テクスチャをあてがってテストした時は透過は反映されませんでした。

何が違うのか考えてみたら、まいティーちゃんのテクスチャはUV情報を持っています。もしかしたら、そういうことなのか試してみました。




Blenderで平面をUV展開して、そこに赤と透明でグラデーションにしてあるPNGテクスチャを貼り付けてFBXでエクスポートしたものをPOSERにインポートしてみたら透過が表現されていました。

では、何故POSERのプリミティブに直接張った場合は反映されないのだろうと思っていたら、カラクリがわかりました。




この平面に貼ってあるイメージは「red_transparency.png」という名前です。Diffuse_Colorにはその画像がノードリンクされているのですが、Transparencyには「red_transparencyRGB_ZERO」という見覚えがない画像が設定されています。



どうやら、インポートするオブジェクトに透過情報を持つPNGが使われているマテリアルがあれば、PNGの透過情報をグレースケールに変換したRGB_ZEROという語尾が付いたイメージを生成し、Transparency(透明度)に自動的にノードリンクさせるというようになっているみたいです。

そして、Diffuse_Colorにはアルファ情報が破棄された24ビットイメージとして見えるPNGが使われるというという話なのでしょう。ようするに、red_transparency.pngは透過情報を持っていても均一に赤いテクスチャ扱いというわけです。

まいティーちゃんのところにも語尾にRGB_ZEROが付いたグレースケールのテクスチャーが作られていました。

結局、Diffuse_ColorやTransparencyで透過PNGが扱えるようになったわけではないようです。Transparencyは今まで通り黒を使うということで変わらないようですね。もう少し詳しく書いておいて欲しいものですね。(^^;)

ついでに、今回インポートしたマイティちゃんですが一応動かせるのですが、じつは中身が凄いことになっています。



何故かマテリアルごとにフィギュア扱いになっていて、各マテリアルに全身のボーンが付いてしまっています(汗)。Unityにインポートして使っていたものと同じFBXなのですが、どうなっているのでしょう?

POSERでのFBXはファイルごとに安定感がないですねぇ。いつか、解決する日が来るのでしょうか。


スポンサーサイト
テーマ: CG ジャンル: 日記

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
ini-T MUSIC SKY
プロフィール