iPhone 5



とうとう、スマホ・デビューしてしまいました。機種はiPhone 5。
継続14年のDocomoを離れ、auに乗り換えました。

携帯など通話とメールがあればそれで十分、スマートフォンなんて自分には無縁とばかり思っていた私が何故スマホに乗り換えようと思ったのか書いてみたいと思います。

去年まで携帯の月々の料金はほとんど基本料金ぐらいでした。今年に入ったあたりから何だか料金がだんだん高くなって来てきました。それは通話ではなくパケット料金の方でした。

携帯でネットなどほとんどしないのにどうしてこんなにパケット通信が上がっているのか?原因がハッキリしました。引越ししてから企業やストアのお得な情報やクーポンのメールマガジンを受け取るようにしていたのですが、それに何気なくついてくる画像のせいだったのです。

メールマガジンの中には携帯でしか受け取れないのもあり、しかもそれに限ってテキスト形式ではなく派手な粧飾やら画像で一日数回配信されるのです。一昔前は画像を表示させない設定が出来たのですが、今のは添付ファイル拒否の設定をしても画像は付いてくる。

そこで、Docomoの「パケ放題ダブル」のサービスを使ってみることにしました。そしたら、さらに請求料金が上がってきた??

なんと、パケ放題にすると無料通話分はパケット代に充てられなくなるのでした。知らなかった・・・それでここ数ヶ月、携帯利用料金がだいだい6,600円ぐらいになってしまっているのです。

つまり、メールを受け取るだけで3,4千円ぐらい払っていることになる・・・以前、スマホに乗り換えた友人が料金は月々7,000円ぐらいだと言っていた。もうスマホと同じだ。同じ料金を払うのならばスマホの方が何かと便利に違いない。

さて、では機種は何がいいのか?今までDocomoでずっと来た。やはりスマホも無難にDocomoで。今、Docomoでは初めてスマホに乗り換えるユーザーに「はじめてスマホ割」というのと、10年以上継続利用している場合は「ありがとう10年スマホ割」というキャンペーンをやっている。

あと、Docomoが推しているツートップ機種であるとスマホの本体価格の割引も受けられるという。そうなると、「GALAXY S4 SC-04E」か「Xperia A SO-04E」という選択肢になる。

スペック上ではGALAXY S4の方が良さげ。1.9GHzのクアッドコア、有機ELディスプレイ、フルハイビジョン。あと、画面を直接触らずフリックしたり、目の動きだけでも操作出来るとか(@@;)。でも、それらの機能はそこまで使えるものでは無いよう。あと、海外では不具合が発生していたり少し気になる。

Xperiaは1.7GHzのクアッドコア。若干劣っているような気もするがスマホの性能はCPUの速さだけではなく色々なバランスも大事らしい。画素数が少ない方が画面の反応速度が良い場合もある。やはり、初めてのスマホは無難にSonyのXperiaにしよう。

そうなると「Xperia A SO-04E」の本体価格は、割引サポートを受け分割で2年間支払う場合、合計は

定価 78,120円
月々サポート -52,920円
はじめてスマホ割 -10,080円
ありがとう10年スマホ割 -10,080円
合計 5,040円

という感じにななります。

しかも、Docomoポイントが5000ptほど貯まっているのでそれを使うと月々ほぼ無料で手に入れられる。GALAXYだともう一万円上乗せということになる。もう確定。3日ほど前、意を決してドコモショップに行って参りました。

「Xperia A SO-04E」を試させてもらおうと手に取ってみると結構ずっしり感がありました。GALAXY S4の方が若干軽く感じました。あと、画面も少し大きい。でも、Xperiaで迷いはない。

しかし、「Xperia A SO-04E」の在庫は黒しかないとのこと。う~ん、白が欲しかったんですが。なんでも、お盆に東北地方全体でスマホのセールをやっていたらしくXperiaは大人気だったよう。おそらく、私と同じ理由でしょうな。(^^;)

白の入荷は今月にあるか保証できかねますとのこと。近くの他のショップに在庫があるか確認してもらったらXperia自体在庫無しだという、すごい人気だ。黒でもいいといえばいいのですが、やはり白がいいなぁ。

結構迷っていると店員さんが意外にも「量販店だったら在庫があるかもしれませんよ」と言ってくれました。そういえば、確かに家電量販店にスマホが並んでいるのを見かけたことはあった。機種変更というのは携帯電話会社の直営店でするものとばかり思い込んでました。

(そういえば、後から初めて買った携帯電話は量販店だったと思いだしました。その時は、逆に直営店で買うという発想がありませんでした。)

ならば、近くにヤマダ電機があるので行ってみることに。聞くと、家電量販店でもドコモショップと同様に手続ができるそう(ドコモポイントも使える)。

そこには、Xperiaの白の在庫がありました。早速、購入したいと言うとその日はドコモの担当者がいないので数日待たないといけないそう。携帯電話関連はそのキャリア各社の代理人が手続きを行うみたいでドコモの担当者が辞めてしまったばかりだそう。

途方に暮れていると、「他社に乗り換えてみませんか?」と店員さんが言ってきました。「えっ、わざわざ乗り換えなんて・・・何かメリットがあるんですか?」と聞いてみると「料金がお安くなります」と。なんでも、今他社からauに乗り換えると2年間色々割引を受けられるキャンペーン中だそう。auのXperiaだと月々4,700円ぐらいで済むそう。他社に乗り換えても現在の電話番号はそのまま使えるという。

まさに、「目からうろこが落ちる」という表現が合ってました。

他社に乗り換えるなんて今まで考えてみたことがありませんでした。何だかすごく面倒そうで敷居が高く、まあ無難にドコモを使い続けた方が楽だろうという感じでした。しかし、このままドコモで月々7千円を払い続けて継続10年以上の特典を得るより、他社に乗り換えて2年間でも月々の使用料が少なくて済む方が魅力的だ。

そうなると、ドコモのツートップにこだわる必要も無くなるわけです。すると、いきなり選択肢がどっと増えてしまいました。そこで、店員さんにお勧めを聞いてみると操作性的にも料金的にもiPhone5と言うことでした。

そこで、店員さんに聞いたiPhoneとAndroidのメリット、デメリットをまとめてみました。

・iPhoneは始めは基本的なアプリしか入っておらず必要な物は後から自分で追加していく。それらのアプリは動作がお墨付きのものしか配信されない。初心者にも分かりやすい。安定感がある。

・Androidは始めからよくわからないアプリが沢山入っている。困ったことに、それらが自動パップデートやら潜伏起動したりして動作が鈍く感じたりすることがあるらしい。それらの動作を止めるにはアンインストールするしかないが、そのよくわからないアプリは本当に削除していいのか素人には分からなくて結構困惑する。

あと、多くのユーザーを抱えるドコモであるがそのユーザーたちがどんどんスマホに乗り換えるようになって最近はかなり回線が混むらしい。 
 

iPhone5とXperiaを比較して感じたメリット、デメリット。

・iPhoneは防水ではない、赤外線は無い、画面が小さい、持ちやすい。メモリーは内蔵メモリーのみで増設不可。16GB、32GB、64GBの3つから選択する。

・Xperiaは防水、赤外線が使える、画面が大きい、iPhoneよりはデカくて重い、メモリカード増設可。
 


他社からauに乗り換えてiPhone 5を一括購入したした場合の始めの2年間の料金プランを通常の場合と比較してみました。

  通常 乗り換え割引等
LTEプラン 980円/月 0円/月
LTE NET 315円/月 315円/月
LTEフラット 5,980円/月 5,460円/月
毎月割   -2,140円/月
合計 7,280円/月 3,635円/月


なんと月々3,635円(@o@;)。始めiPhone5の画面が小さいかなと感じましたがそれを跳ね除けるほどの魅力的な料金です。手に乗せた感じはiPhone5の大きさぐらいがちょうどいい気がしてきました。(料金を見てマイナスイメージもプラスに変わるという、まさに現金な奴f^^;)

ただ、これらの料金プランは「iPhone 5を一括購入したした場合」なのです。例えば、64GB版の本体価格は72,000円です。これを2年間分割払いで購入すると月々3,000円ほど上乗せで月々6,660円ぐらいということになるわけです。(ヤマダでは分割購入の場合、ヤマダのポイント3万円分がもらえるようです)

ヤマダ電機ではその日はiPhone5の16GBが8,800円、32GBが16,800円、64GBが38,800円で売られていました。価格的には32GBでしょうか。「32GBの白ありますか?」と聞いたら白は在庫無いそう。しかも、もう夜8時を過ぎてしまったので手続きは出来ないという。

そしたら、「週末にauのiPhone5のセールが予定されていて価格はもっと下る可能性があるのでそのとき来てみてください」と言われました。どのみち、今日はもう買えない。3日待って行ってみることに。

その間、Docomoに支払う違約金の事を考えみました。キャリア乗り換えになると重要になるのが「更新月」というもの。大抵、今の携帯の契約サービスは2年毎に更新されます。契約をした翌月が「更新月」となります(8月に契約したら9月が「更新月」)。

その「更新月」内であれば解約したり他社へ乗り換えしたりしても違約金は発生しません。しかし、それより一ヶ月早くても遅くても違約金を払わねばなりません。と言っている私自身も自分の「更新月」など知りもしませんでした。(^^;)

どうやら、来年の3月みたいでした。あと5ヶ月ぐらいです。違約金は1万円ぐらいだと思います。ドコモのスマホで月々7,000円支払っていると仮定してみます。乗り換えれば月々3,600円。実質3,400円浮く。3ヶ月で違約金の元が取れる計算になります。

あと、残っていたドコモポイント。以前はポイントを料金の支払いに回せたと思ったのですが今は出来ないようですね。5000ptぐらいありましたがもういいです。

そして昨日、ヤマダ電機に行ってみるとauのiPhone5が値下がりしていました。16GBが0円、32GBが6,800円、何と言っても64GBが13,800円で売られていました。もう迷うこと無く64GBに決めました。





おお、iPhone 5 64GB、白。

 



大きさは今まで使っていたガラケーの富士通F-02Bより一回り大きいぐらい。

5インチ前後のAndroidと並べれば画面が小さく感じても、比べるものがなくなれば扱いやすいちょうどいいサイズと思えます。




裏面。リンゴマーク。

今回はドコモショップでXperiaの白の在庫が無くて量販店に行ってみたらと言ってもらったこと、量販店でドコモの担当の人がいなかったことなど、本当にいろんな偶然が重なり格安でiPhone5を手に入れることが出来ました。

一番ラッキーだったのは直営店でなく、いろんなキャリア、機種を扱う情報通の量販店の店員さんに話を聞けたことでした。そうでなかったら今頃何の疑問もなくドコモユーザーだったでしょうから。2年後、ドコモがiPhoneを取り扱うようになって乗り換えキャンペーンをやっていたら乗り換えるかもしれませんね、「更新月」に。(^^;)

初めてスマートフォンに乗り換えるときは直営店ではなく量販店で相談するのもいいのかもしれませんね。直営店では他社の割引サービスを薦めてくることはないでしょうから。

いや~、今回文がすごく長くなってしまいましたな。SoftBankの話も加えるとさらに長くなるので割愛させてもらいました。ただ、まだこの地域ではソフトバンクのLETのエリアは少し狭いようでした。2年後、エリア拡大してたらソフトバンクへの乗り換えの可能性もありえますね。

長文スマホ、いやスマソ、ということでオヤジギャグでシメらせてもらいたいと思います。(^^;)



スポンサーサイト
テーマ: パソコンな日々 ジャンル: コンピュータ

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
ini-T MUSIC SKY
プロフィール