Shade 3D ver.14のインストール



先日、Shade3DオンラインストアでShade3D ver.14の販売が再開されました。

ver.15はまだのようですが、2014年12月17日~2015年1月7日のキャンペーン期間中にver.14にアップデートすると『ver.15無償バージョンアップ権付き』を特別割引で入手できるという。

しかも、今回は2つ前のバージョンまでという括りはなくShade9までのユーザーを対象としてます。(もちろん、料金はverごとに違います)

ProfessionalのShade13からver.14へは¥18,058とイーフロンティアのver.15早期割引とほとんど同じ(ん、8円違う?)。まだver.15はいつ販売されるかわからないし、同じ料金でver.14も入手出来るというのならせっかくだし試してみてもいいかなと購入してみることにしました。

Shade3Dオンラインストアでの支払いは今のところPaypalのみということ(近いうちにクレジットカードも可能になるそう)。Shade3D社側の手続きが完了した後に確認メールが届くとダウンロードが可能になるという。

しかし、こちらの手続きが完了してもすぐにはメールが来ませんでした。昨日の夜注文してメールが来たのは翌日の朝。もしかして、自動受付ではなくて人力で確認作業しているのかもしれません。イーフロンティアでは注文したらすぐダウンロード可能でしたが、まだシステムがいろいろ整ってないのかもしれませんね。




さっそく、Shade3Dオンラインストアのマイページの「ダウンロード商品」から「SHADE150」の「詳細」タブをクリックしてダウンロードページへ。




OSに合ったプログラムとコンテンツをダウンロード。





まず、Shade3D_ver14_64bit.zipを解凍して本体をインストール完了。次にコンテンツをと思ったらなんか変なファイル?2つのファイルはどちらも1GB以上でデカイ。しかし、拡張子が無くダウンロードに失敗したのかなとも思いやり直そうとしたらサーバーに置いてあるファイル自体が始めから拡張子が付いてないようでした。




メールの解説を読んでみると本来ここでは”Shade 3D ver.14 Content.exe”と”Shade HDRI Background.exe”がダウンロードされることのようなので試しに拡張子.exeを付けてみました。




この拡張子無しのファイルは自己解凍形式の圧縮ファイルと判明。クリックしてみるとフォルダが解凍され、その中にあるexeファイルを実行するとコンテンツのインストールが開始されます。(しかし、拡張子が付いてなかったのは何かの手違いとは思いますけど・・・)




一通り作業が終わり起ち上げてみました。ver.14.1.3で最新アップデート済みのようです。

ここで気になっていたのはコンテンツのことです。コンテンツはCドライブのドキュメント・フォルダにインストールされます。その容量は合計2GB以上あります。Cドライブに置いておくには無視できない大きさです。

ShadeExplorerを起ち上げコンテンツを比較確認してみました。どうやら、ほとんどShade13のものと一緒で若干新規に追加されているようです。




何故かver.14のコンテンツも「e frontier」フォルダに格納されています。これはプログラムで仕込まれていてすぐには直せないことなのかもしれませんね。








2.69GBもあるShade13の方はもう置いておく必要もないので削除しておきました。ShadeExplorerで「再読込」すると13の方のカタログは消えます。

前回は断念したver.14アップデート。ver.14でも随分新機能追加されていたんですね。ver.15が出る前に色々試してみましょうか。




スポンサーサイト
テーマ: CG ジャンル: 日記

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
ini-T MUSIC SKY
プロフィール