Shade 3D MMD Exporter
Shade 3D



MikuMikuDance、略してMMD。フィギュアを音楽に合わせてダンスさせたり出来る有名なフリーソフトです。DTMでボーカロイドも使ったりしていたので、自分でもできたらといいなと何年か前にダウンロードしてみたのですが、その時は使い方がいまいちわからずそれっきり触ったことはありませんでした。

Shade 3D ver.14から『MMD Exporter』というプラグインを使えばMMDへのモデル(PMD)とモーション(VMD)の書き出しが可能となりました。そうなるとShade 3Dで作ったオリジナルキャラをMMDを使って何かさせることもできる選択肢も出来たわけです。

これは試す価値あるなと『MMD Exporter』を入手して、先日Shade 3Dで作成した「御影シエナ」をMMDで表示させたらどのような感じなのか試してみました。

MMD用モデルは一つのポリゴンメッシュで作られていて、それに最低1つ以上のボーンがないと読み込み出せません。あと、ポリゴンの頂点数が65535以下でないといけないことになっています。

「御影シエナ」はShade 3Dでレンダリングをすることを前提としていたので、そのまま他のソフトで読み込ませるといろいろ不都合が出てきます。

まず、サブディビジョンサーフェスを使ってモデリングしているのですが、MMDではもちろん無視されるのでカクカクになってしまいます。かといって、全身分のサブディビジョンサーフェスをポリゴン変換すると、ポリゴンの頂点数があっさり65535を超えてしまいます。

なるほど、MMDでオリジナルキャラを使いたいときは、やはりMMD用に工夫しながら作らないとならないようです。今回は衣装だけは滑らかさが出るようポリゴン化してみました。ポリゴン頂点数は25810でも見れるぐらいになりました。もう少し、余った分で他も細かくできるのでしょうけど今回はこれぐらいで。

今回の目的はMMDにShade 3Dで作ったフィギュアを読み込ませることなのでボーンはセンターに一つだけ入れて書き出してみました。



Shade 3D生まれの「御影シエナ」、MMDのステージに立つ



ボーン選択解除


なんとか、Shade3Dで作成したフィギュアをMMDに読み込ませることに成功しました。今回は軽装にしてあります。というか、そろそろ何かちゃんとした衣装を考えないと。(^^;)

今回の試みのおかげでMMDではどのようにして表情を変えたりしているのか裏側も知ることもできました。しかし、まさかMMDの使い方も疎かな自分がMMD用のキャラクターを作ろうとするなんて考えてもみなかったのです。

確かに、表情など付けるのはShadeよりMMDの方がやりやすいかもしれませんね。ただ、インターフェイスは自分的にMMDよりはPOSERの方が使いやすいです。そうなるとPOSERでモーションをつけてBVHでMMDに渡すようなこともできるんでしょうかね?

いろいろ、まだまだ試してみたいことは山ほどあります。ボーンはMMD基準があるんですね。とにかく、ボーン入れるの大変そう。


『Shade 3D ver.15』無償アップグレード版DL開始のお知らせはまだありません。気長に連絡を待つことにしましょう。




スポンサーサイト
テーマ: CG ジャンル: 日記

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
ini-T MUSIC SKY
プロフィール