タスクバーがフリーズ?



最近、Win8.1PCを使用しているとき、エクスプローラーのフォルダを開きっぱなしにして作業などしていてタスクバーからフォルダの選択などしようとするときにタスクバーがフリーズしてしまう現象が起きるようになりました。

今まで、こういう現象が起きるのはHDDが逝ってしまう予兆として何度か経験したことがあります。OSが水面下でシステム監視などでHDDにアクセスしようとするとき、HDDが反応を返してくるのをずっと待っているため結果フリーズ状態となってしまう。そんな時は問題のあるHDDを特定して外してしまえば解決する。

一応、大事なものはバックアップしておいてすべてのHDDへエラーチェックをかけてみましたが異常は無し。HDDが逝ってしまうときは何かしらのエラーは出てくるはず。デフラグもOSが定期的にやっていてくれているのでそういうことでもないよう。

今回のは多い時でも一日数回なのですが、開いているフォルダーにアクセスしようとするときタスクバーがしばらく(1~5分ぐらい?)フリーズ。その間、IEはタブから操作できるのでネットは見れる、でも動作は重い。フリーズが終わるとタスクバーは仕切り直されてフォルダはすべて閉じられ、IEは何故か先に開いた順ではなく新しく開いた順に並び替えられるという怪現象が起こる。何だか地味な嫌がらせに感じます(^^;)。アプリとかの強制終了等はありません。

HDDが原因ではないとすれば先日のWindows UpDateが原因では?と検索してみると、似た事例が報告されているようです。

http://freesoft.tvbok.com/cat97/2015-2016/2015_03_windows_update.html

確かにこの現象が起き始めたのはここ一週間ぐらいです。改善される対処法も書かれていますね。更新プログラムを削除はちょっとためらいます。とりあえず、IMEの変更を試してみましょう。

IMEは何にも気にせずgoogleを使っていました。しかし、そういえば漢字変換とか何でわざわざそんな無理な読み方で変換するんだろうとか不便に感じることは多いですね。いい機会なのでMicrosoftに切り替えてみましょう。いや、だいぶ前にMicrosoftのIMEに嫌気が差してgoogleに変えたんだったような記憶も。まぁ、久々に試してみましょう。(もちろん、baiduはパスで^^;)

それでもダメなら更新プログラム削除を試してみましょうか。
その前に修正プログラムリリースを願います。


~3月19日追加~

なるべくタスクバーのフォルダーを触らないようにしていたが全くともいかない。やはり、フォルダーをいじらないわけにもいかない。本日はアプリを閉じるときに1分ぐらいのフリーズが何回かと、タスクバーからフォルダーを操作するとき3分ぐらいのフリーズが2回ぐらい。


~4月2日追加~ 修正プログラムで解決のもよう

すでに一週間ぐらい前から修正プログラム(KB3048778)が配信されていたようですね。この「タスクバー激重現象」はやはり更新プログラムのバグのようなものだったようです。全然気が付かなかった。(どうしてこんな重要な更新を直接知らせてくれないのですかねぇ)

11日にリリースされたセキュリティ更新プログラム(KB3033889)は日本語、韓国語入力のPCに入れるとエクスプローラーが異常動作してしまう現象が起こってしまうようでした。

http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20150325_694460.html





この更新プログラムはオプションで、自動で更新されて無いようでしたので手動で入れてみました。 ちなみに、「Windows Update」へのパスは、[コントロール パネル\システムとセキュリティ\Windows Update]です。

この3週間、何かとフォルダが固まって操作できなくなり非常に不便なものでした。これで、ようやく作業中の「お預け」状態から解放されます。



スポンサーサイト
テーマ: パソコンな日々 ジャンル: コンピュータ

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
ini-T MUSIC SKY
プロフィール