POSERでトゥーンレンダリング



「御影シエナ」は元々はShade3Dでのトゥーンレンダリングを前提として作ったアニメキャラ調のフィギュアです。POSERにもトゥーンレンダ機能はあります。ここは一つ、POSER10のトゥーンレンダリングを試してみることにしましょう。

POSERでトゥーンレンダの設定法はいくつかあります。POSERにプリセットされているマテリアルライブラリからToonの中にあるマテリアルをあてがってみる方法。マテリアルルームで新規に設定する方法。POSER10の新機能で追加された「コミックブックプレビューモード」というのも一つです。

今回はトゥーンマテリアルを新規に設定する方法で行ってみようと思います。POSERには特定のマテリアルのノードの設定を即座に用意してくれる「Wacro」スクリプトというものが装備されています。マテリアルルームの詳細設定タブの方にあるやつです。




プリセットで「Wacro Drawer」には10個登録されています。ここにはPythonで書いたユーザー自作のスクリプトも登録できるようです。

「トゥーンレンダーの設定」をクリックすると「代替拡散」に「スケッチシェーディング」、「代替鏡面」に「光沢」のノードが自動的に追加接続されます。そのノードを自分の好みにな具合に設定します。




「ライトカラー」「ダークカラー」というのがツートーンの明るいところと暗いところのコントラストです。「インクカラー」が輪郭線の色。「広げる」は「ライトカラー」「ダークカラー」の境界ラインです。0にするとぼかさずくっきりします。「線幅」が輪郭線の太さになります。

「Ks」というのは光沢の強さです。デフォルトの1ではテカり過ぎると思います。セル画調なら0.1か0でちょうどいい気がします(目は1でいいですね)。「凹凸」というのは面の細かさ。小さいほど紙のようなザラザラ、大きいほど水面の様なツルツルさが表現できるようです。「鮮明度」は小さいほど境界がぼやけて、1でくっきりします。

マテリアルの設定はオブジェクト毎にする必要があります。面倒な気もしますが、そのお陰で皮膚は光沢を0にして、髪は光沢感あるようになど柔軟に設定が出来ます。(片目だけリアルとかも出来ます)





だいたいこのような感じで「御影シエナ」をセル画アニメ調に設定してみました。せっかくなので、前回の漫画風「ini-T小劇場」をPOSERでトゥーンレンダリングしたバージョンでやってみたいと思います。タイトル付けるの忘れてましたので一応付けてみました。


~シエナ、表情を得る~の巻






























ライトの位置やアングルはよりアニメ調に見えるように前回と若干変えているところもあります(影と目のハイライトとの折り合いが一筋縄にはいかない感じです)。ちなみに、「アウトラインモード」は髪が「高品質」、その他は「オリジナル」です。結構、アウトラインで印象が変わったりしますね。色々比べながら選択した方がいいようです。

POSERのトゥーンレンダの輪郭線は角度によって無くなったり恐ろしく太くなったり何だか統一感が無く、思うようにならなかったりするのが歯痒いところです(^^;)。なんだか、セル画というよりはカラー漫画っぽくなりますね。ある意味、手書き風っぽく感じます。何れにせよ、Shade3Dよりは自然な気がします。

もっとも、日本人好みなアニメ調な感じを表現したいのなら3ds MaxとPencil+の組み合わせというのが最強なのでしょうけど、個人で使うには高額すぎてとても手を出せませんねf(^^;)。今のところ、お手頃なツールで模索するしかないです。輪郭線の具合はPOSERの次のバージョンでもっと改善されるといいなぁ。

今まで、あんまり使うことのなかったPOSERですが色々出来ますねぇ。次のバージョンがリリースされるならPOSER Proにしてもいいかも。今のところPOSERのキャラクターをFBX形式でエクスポート出来るのは「POSER Pro Game Dev」だけなんですよね。イーフロ社で日本語版を扱わないものでしょうかね。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
ini-T MUSIC SKY
プロフィール