Shade 3Dのモーフミキサー
Shade 3D



とうとう、Shade 3Dで実装不可能なものとばかり思っていたモーフミキサーをプラグインで使用することが出来るようになりました。そこで、早速Shade 3D生まれの御影シエナで試してみました。

Shade 3D公式フォーラムで紹介している動画をこちらにも掲載しておきたいと思います。





モーフミキサーの無いShade 3Dで人物アニメーションは諦めていて、このキャラにはこのときボーンを入れていませんでした。この動画は、とりあえず顔の表情だけを変化させるテストです。

モーフターゲットは「目を閉じる」、「あ」、「お」と4種類の眉毛を作ってブレンドさせて表情を変化させています。まさしく、モーフミキサーですね。とうとう、Shadeでも出来るようになりました。

かなりアップにしているのは、腕を広げたままだと変だと思って映らないようにしているためです(笑)。また、表情変化をさせてみたものの、音無の動画だとネガティブなキャラの印象になってしまうかと思い、後からセリフとBGMを付けてみました。

ちなみに、私は動画編集ソフトとしてフリーソフトのAviUltを使っています。





こちらの動画は、後日身体にボーンを入れて、表情を変化させながら動かしてみるというテスト動画です。うまくいったようです。

さて、ここまでは動いてくれましたが、さらに髪などを動かそうとしたらボーンの使用階層がさらに深くなりどうなるものか。とりあえず、やってみないと分かりません。Shadeで人物アニメーションの可能性が開けた以上チャレンジしてみたといは思います。

しかし、POSERで動かすためにいろいろ改良したフィギュアでしたが、まさかShade 3Dで動かそうとするなんて思ってませんでした。 オリジナルフィギュアを始めてからグッドタイミングでShadeでもモーフミキサーが使えるようになりました。

サブディビジョンサーフェスの効き具合が違うためにShadeでレンダリングすると同じキャラでもPOSER版とは顔が微妙に変ってしまいますね。こちらの方が元祖なんですけど。(笑)


Windows10のインストールですが、現在システムディスクがパツンパツンのレッド状態なので容量を増やさないとヤバい気がしてためらってます。

スポンサーサイト
テーマ: CG ジャンル: 日記

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
ini-T MUSIC SKY
プロフィール