QUMARION、買っちゃった



先日、漫画制作ツールを販売しているCLIPからQUMARIONのセールのお知らせメールが着ていました。QUMARIONというのは「人型入力デバイス」というもので、その人形でポーズを取らせるとそのまま3DCGのモデルのポーズに反映させることが出来るというもの。

以前、興味を持ったことがありましたが定価は13万円(単体9万円)。その時はアニメーションもやってなかったし必要性からしても自分にはあまりに高額であるので手を出す気はありませんでした。

最近、3DCGでアニメーションをやるようになって人型のモーション付けはやはり大変と思っていました。そんなタイミングで、QUMARIONのアプリ同梱版が5日間の期間限定で55%OFFの6万円で購入できるというチャンス。

6万円は高いか安いか?前だったら高いと思えましたが、今なら必要性と可能性から出してもいいと思いました。そこで、迷ってる暇はないと飛び付きました。

同梱ソフトウェアのCLIP STUDIO PAINT PRO、STUDIO ACTION、STUDIO COORDINATEとこれだけでも3万円はします。STUDIO PAINT PROは、体験版を使った事があるのですが購入まではしていませんでした。これはいい機会なのでGETしておきましょう。




注文が殺到しているため発送が遅れますと連絡が来て、待つこと丸1週間、ようやく届きました。思っていたより箱がデカくて驚きました。




箱を開けるとまた箱が。まだ大きい。もしかしたら、このままマトリョーシカのように小さくなっていったり・・・




大丈夫です。すぐ、QUMARIONが出てまいりました(笑)。




思っていたより大きい印象です。全長32cmぐらいです。下には、スタンド等色々付属品が入ってます。




「Hello!」的なポージングです。そういえば、実物のフィギュアを買ったのは人生初です。とは言っても、これは観賞用ではなく入力ディバイスですけどね。




あと、Tab-Mate Controllerというのも付いてました。ショートカットなど登録できる入力補助装置のようです。これも5千円ぐらいするらしいのでお買い得だったと思います。

また覚えるべきアプリが増えてしまいましたが、複数のソフトを使うことで新たに見えてくるものもあると思います。色々試してみましょう。


スポンサーサイト
テーマ: CG ジャンル: 日記

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
ini-T MUSIC SKY
プロフィール