CLIP STDIO PAINT PROで描いてみた
漫画制作Tool



CLIP STDIO PAINT PROはプロも使う漫画制作ソフトです。自分もだいぶ昔(中学から大学に入ったあたりまで)は漫画を描くのが大好きで、Gペン、丸ペン、そして開明墨汁(笑)を使ってよく描いてましたね。

でも、実際の紙に墨汁でペン入れして美しく線を描くというのは並大抵のことではありません。結局、挫折しました。(その後、音楽方面へ完全シフトしました。)

そして、絵を描くことをやめてから時は十数年流れ、ひょんなことからSAIというソフトを知りました。アナログではできなかった綺麗な線を引くということを叶えてくれる画期的なソフトでした。そこで、ポチポチとたまに絵を描くモチベーションも湧いてきました。

SAIに似た感じというCLIP STDIO PAINTの存在も知り、一度体験版で試したことがあるのですが、SAIよりベクター編集が楽ではないという感じがしたので購入までは至りませんでした。

何の因果か、先日購入したQUMARIONの同梱という形でSTDIO PAINT PROが手元にやってまいりました。体験版の時はマニュアルなど読まずに感覚的にやっていたので把握できなかったこともあったのは確か。今回は事前にマニュアル全部読んでみました。

全機能をざっくり把握して、ベクター編集もSAIほどでなくても結構出来るんだと分かりました。とりあえず、STDIO PAINT PROで何か描いてみようと思いました。



原画サイズで拡大

このキャラの設定は、名前は「柳田ひとみ」。口癖は「ちょりーっす」であるが、たまに無意識に「ちょりそーっす」と言い間違える。どこかで「チョリソー」という単語を聞いてから混同してしまうようになったと推測される。なお、本人は「チョリソー」が何なのかは把握していない。チリソースの仲間的な「チョリソース」というふうにふんわりと思っている。かなり天然ではあるが、時折人並みではない集中力を見せる、みたいな。(笑)

とりあえず、下絵はArtRageで描きました。楽に絵を描きたい自分には、まるで紙に鉛筆で描く感覚のあるArtRageの方がしっくりする感じがします。



原画サイズで拡大

このラフ画をSTDIO PAINT PROに渡し輪郭線を引いてみました。やはり、SAIのベクターとは感覚がまるで違います。STDIO PAINTはペンで実際に線をスッスッと引いていく感覚でないと作業が進まないという感じです。

SAIに比べれば楽ではない。しかし、線に迫が出る。まさにGペンの切れ味ですね。このあたりが楽に絵を描きたい方法を模索する人間に、少しぐらい苦労しても対価的に得られるものもあると思い出させてくれました。(でも、楽に絵を描きたい方向は曲げられないのですf^^;)

だんだん慣れてくると、こちらのベクターの癖もわかってきて手に馴染んできました。



原画サイズで拡大

色塗りも初めてSTDIO PAINT PROでやってみました。色塗り用として、いつも使っているGIMPと勝手が違うのですが、仕上がりの感想はなんかいい感じかもしれません。

STDIO PAINT PROを使ってみてすぐ気に入った機能は、「参照レイヤー」ですね。輪郭線のレイヤーに設定しておけば色塗り用のレイヤーが簡単に作れます。

あと、何気にスポイト。レイヤー階層関係なく画面上の色を拾ってくれます。GIMPではうっかり違うレイヤーを選んでてよく黒になってしまいましたからね(^^;)。あと、アプリ場外のディスクトップ上からも色を拾えるというのも結構嬉しい機能です。



原画サイズで拡大

ついでに、モノトーンのスクリーントーン調も。レイヤー毎に簡単に変換出来るのですね。元に戻すのも簡単にできます。

漫画には欠かせないスクリーントーン。一枚、500円とか800円ぐらいしましたっけ?今は、5千円のソフト買えばどれだけ贅沢に貼っても買い足すことなく使えるという、いい時代になりましたのですね(^^;)。意図するようにするには少し手を込ませないといけませんが十分ありがたい機能だと思います。

普段、GIMPを使っているのでCLIP STDIO PAINTは安定感を感じますね。GIMPは優良のフリーソフトでありますが、バグっぽい動作も多々感じます。STDIO PAINTは漫画だけでなくフォトレタッチとしても使えそうなので乗り換えましょうかね。せっかくの有料ソフトですからね。


スポンサーサイト
テーマ: CG ジャンル: 日記

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
ini-T MUSIC SKY
プロフィール