ノートPCにSSD
OS & 周辺機



先日、メインPCのシステムディスクの引越しをしてSSDが一つ余ることになりました。前から、サブノートPCもSSDにしたら、さぞかし快適になるのではと思っていました。

4年前ぐらいに購入したサブノートPCはCPUがCeleron SU2300の1.20GHzデュアルコア、Windows 7 Home Premium 32bitと言う感じです。OSドライブは2.5インチHDDです。

メインPCはIntel Core i7-3770、基本クロックは3.4GHzのクアッドコア、64bitでSSD。起動も普段の動作ももたつくということはありません。

それに比べてしまうと、サブPCは起動に時間がかかる上にIEを開くのにも結構時間がかかります。これはCPUの性能というよりHDDの性能の方に影響している気はしていました。

そこで、このノートPCのシステムドライブをSSDに引っ越しさせることにしました。まずは、「Macrium Reflect」でSSDにOSの入ったドライブのクローンを作っておきます。




右が今までOSが入っていたTOSHIBA MK2559GSXP 250GB。左がIntel SSDSC2BW180H6R5 180G。共に2.5インチ。SSDと入れ替えます。

起動してみると、見違えるぐらい速くなりました。IEも、もたつくこと無く普通に開きます。明らかに、安定感が増したと感じ取れます。やはり、動作の快適さはCPUやメモリ以外にもディスクへの反応というのも重要なことのように思えます。




次に、ディスクの管理でSSD180GBの未割り当て領域をアクティブにする作業に移ります。

元HDDは250GBを50GBと200GBにパーティション分けしていました。引越し先のSSDは180GBと元ディスクより容量が少なかったので、とりあえずCドライブの50GBだけ引っ越しさせました。

このサブPCを今後もガツガツ使い込むような使い方はしないと思いますが、この先Cドライブの容量が50GBでは少し不安ということで80GBぐらいにしておくことにしました。




サブPCであれば、Dドライブも80GBぐらいあれば十分です。

スポンサーサイト
テーマ: パソコンな日々 ジャンル: コンピュータ

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
ini-T MUSIC SKY
プロフィール