POSERでFBXインポート
POSER



POSER PRO 11で一番興味があった機能はFBXのインポート、エクスポート機能でした。ということで、まず外部アプリケーションでモーションを付けたフィギュアをPOSERでFBXインポートしてみようと思いました。

今回は、無料で配布されている「プロ生ちゃん」を使用させてもらうことにしました。このキャラは、MMD用やUnity用など様々な形式で配布されています。今回はCLIP STUDIO用の「プロ生ちゃん」を使ってみようと思います。





CLIP STUDIO用の「プロ生ちゃん」をCLIP STUDIO ACTION(3D版)に配置しモーションを付けました。CLIP STUDIO ACTIONは現バージョンでは2D専用となり3Dモデルは扱えなくなったのですよね。将来的にはどちらも扱えるようにする構想らしいです。

プロ生ちゃんをCLIP STUDIO ACTION(3D版)からFBXで書き出します。





POSER PRO 11にFBXでインポート。ボーンごとフィギュアが取り込めました。モーションも再生できます。成功のようです。ボーンだけではなくモーフもPOSER側でいじれるようです。

ただ、目が白いです。少し修正の必要があるようです。





瞳のハイライトのマテリアル設定のTransparency(透明度)が不透明になっていたようです。100%にすれば黒い所が透明になります。(アルファチャンネルを有効化ということです)





Wacroの「Set Up Toon Render(トゥーンレンダーの設定)」をあてがってみた図。一気にセル画っぽくなりました。

Wacroで設定をするときはShiftキーを押しながらボタンを押すとパーツごとではなくオブジェクト全体に一発で設定ができますよ。(下にすごく小さい字で書いてあったのでこのことに気が付いたのは最近でした^^;)

トゥーンレンダーで結構厄介なのは影なのですよね。同じキャラの同じシーンでも陰影によって表情の印象がまるで変わってしまったりします。





今回は陰影無しでやることにしましょう。ライトを一つにして目一杯明るくして陰影を無くしてみました(無限光200%以上、間接照明もオン)。まるで、POSERではなくMMDのようですね。(笑)

POSERではこういうトゥーン調のキャラクターの陰影にはライトの陰影ではなくテクスチャーで付けるなどの工夫をするというのもいいのかもしれませんね。勉強になります。このフィギュアはMMD標準の白目は無いタイプなのですがPOSERなのに違和感ありませんね。





簡単な背景も付けて動画にしてみました。セリフを吹き出しにして動く漫画風にしてみました。

輪郭線は0.2サイズで黒は避け各マテリアルの色を濃くしたものにしてみました。無い方がいいとも思いましたが敢えて付けてみました。

ベースのモーションはSTUDIO ACTIONです。STUDIO ACTIONもMMDと同様にリアルタイム物理エンジンで剛体やジョイントを揺らします。STUDIO ACTIONの物理演算をベイクしてFBXのモーションとして渡せるのですね。

こういう髪やスカートの揺らし方はPOSERでは別な手段を取らなくてはいけません。STUDIO ACTIONで付けた方が楽ですね。

表情は全部POSERで付けました。モーションの追加もPOSERのレイヤーで重ねてみました。MMD用のキャクターもCLIP STUDIO COORDINATEでCLIP STUDIO用の素材に変換すれば同じ行程でFBX化してPOSERで扱うことができます。

ともかく、オリジナルキャラクターも外部モデラーでボーンとスキンの設定をしたものをそのままFBXで渡してPOSERで使えるようになったのは嬉しいですね。





動画からワンショット。全然POSERっぽく感じませんね(笑)。吹き出しは、コミPo!で作っています。こんな使い方もできるのですね。

背景の空はPOSER11からのドーム型GROUND用の空のマテリアルを使ってみました。スカイドームより扱いやすそうです。雲も動かしているのですが分かりにくいですね(^^;)。


スポンサーサイト
テーマ: CG ジャンル: 日記

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
ini-T MUSIC SKY
プロフィール